今年の夏も母の実家へいきました。

ばあちゃんに会うのが一番の目的。3ヶ月ぶりに会うばあちゃんは、薬の副作用が見受けられたものの、思ったより元気で安心。

お盆ということもあり、一時帰宅も出来、ご飯をたくさん食べたり、久しぶりにご近所のお友達とおしゃべりしたり、すごく楽しそうでしたっ。

術後は良好のようで、本人も帰り際に「次来るときには完全に退院して野菜たくさん作って待ってるからなぁ」と言ってました。

ばあちゃんの作った野菜をたくさん食べるのを楽しみにしたいと思います(^^)

~~

じいちゃんが亡くなってから初めてのお盆。

みんな久しぶりに集まって、色んな思い出話で盛り上がり、うちの家族もとても歓迎され、じいちゃんがいない寂しさを埋めてくれるかのように元気に成長したおチビちゃん達がいるだけでみんなが笑顔になったり、今までと一見変わらない夏。

ですが、じいちゃんがいたからこそ、上手く回っていたんだと感じることもあったのです。

じいちゃんがいない、ばあちゃんが病気になった、それらのことによって、それぞれの考え方や行動の違いが時には戸惑いを誰かに与えてしまうこともあるのだなぁと。

「良くなって欲しい」

その気持ちはみんな同じなのに。

仲が悪い訳では全然ないんでしょうけれど、しがらみやプライドが邪魔をしてときにこんがらがっているようにも見える。

単細胞の俺は、みんなもっと素直になればいいのに、と単純に思ってしまいますが、世の中そんな簡単にいくことばかりじゃないんだよなぁと改めて実感。

でもそんなことは気がつかないフリをして考えないようにして、子どもの頃のようにはしゃいで過ごしたのでしたとさ。

~~

いつかは自分も同じような状況になるかもしれない。

そんなとき、姉ちゃんとは素直な気持ちで協力しあえたらいいな。たったひとりのきょうだいだから。これからも今のようにずっと仲良く過ごしていきたいです。

おっつー!
日本.一有名な一家の長女。
... 続きを読む
2012.08.10 17歳と23歳
ブログを渡り歩いていたら、高校生ゲイの男の子が書いたブログを見つけました。

思わず当時の自分を重ねてしまう(笑)。

同じ学校のノンケ友達に片思いをしたり、

ゲイであることへの葛藤した気持ちだったり、

はじめてピア.フレ(10~20代のゲイ友作りのイベント)に参加したりと。

夢を抱いて頑張っていたりと。

すべてが懐かしいっ!

~~

あの頃は新しいことや未来への不安で戸惑うことがもたくさんありました。けれども、自分の現状を変えたい、変わりたい!という気持ちで、引っ込み思案で人見知りだった自分にしては勇気を振り絞って色々と行動していた気がする。

特に生まれてはじめて自分と同じゲイのひとに会ったときは、一生分の勇気を使った気がしますね(笑)。

あと、勉強は嫌いだったけれど、受験勉強は朝から晩まで人並みに真剣にやっていた。学校へも往復2時間自転車をこいで毎日通っていた。

後先考えずに行動して失ったものもあったけれど、今思うと、積極的に自分なりに頑張っていたんだなぁと思いました。

それが今じゃ!

守りですよ。守って守って守っているばかりのえいしくんでございます。まだ23歳なのに。「挑戦」とか「努力」とは無縁かもしれない。「メンドクサイ」が口癖だし。。言い訳ばかりが増えていくし。

現状を変えたい!という上昇思考な気持ちやハングリー精神もあまりなくなってきた。それは、今が自分にとって総合的に見ると満足な状況であるから、ある意味恵まれていることなのかもしれませんけど。

ブログの高校生や、五.輪で頑張っていらっしゃる同世代の選手たちを見ていると、ますますこのままでいいのか自分?!と思ってしまう(汗)。

もし、過去の自分と未来の自分が、今のえいしくんを見たら

「まだ若いのにもったいない!」

と怒られそうです(汗)。

とりあえず何かやってみようと、新たにささやかですがとあることをいくつか始めたのですが、いつまで続くことやらw

なんか、一番変わってしまったのは、

「自分には無理!」

「どうせ自分には出来ないだろう」

とすぐ思ってしまうこと。

あの頃は今よりも自信がなかったけれど、でも自分のことをちゃんと信じてあげていたのかもしれない。だから、「頑張れば上手くいくさ!」と色々と積極的になれていたのかもかも。


「大人になってしまったから」

はちがう。

だって大人になっても自分を信じて何かに励んでいるひとはたくさんいるから。

そういう方たちがとても輝いてみえる。自分もそうなりたい。自分のことを信じたい。17歳の頃のように。

とりあえず、新たに始めたことたちを少しでも長く続け、それをカタチにできるようになることが今の目標です。

おっつー!
マンガでは読んだことがあるけれど、アニメは意外にもみたことがない。

でも、好きなキャラクターです。

みなさんご存じ、謎の宇宙生命体。推定年齢は13億歳以上なのだとか。
... 続きを読む
めだるラッシュの毎日。
... 続きを読む
ロ.ンドン五輪まっさかり。


... 続きを読む
いつの間にか8月!
 
イヤーいくらなんでも早すぎやしません?
 
気がついたら5つの輪がはじまってたし(入.江くんおめでとう!)。
 
去年一昨年が猛暑だっただけに、今年の夏はあまり暑くないのがありがたい。でも油断はせずに、熱中症には気をつけないといけないですね。
 
 
足のケガは、リハビリするようになってから少しずつ良くなってきました(リハビリ担当のお兄さんが可愛い既婚者)。
 
初回診察時は、「靭帯がきれている」という言葉に動揺して何も聞けなかったので、二回目に行ったときに色々質問してみました。
 
お医者さんによると、
 
「靭帯の損傷自体は大したことがないので、リハビリさえちゃんとやれば前のように運動は出来るようになりますよ。ただ、もしかしたら靭帯が以前よりは伸びやすくなる可能性はありますが。」
 
とのこと。それ聞いてすっごく安心しました♪
 
にしても、最初にロクに診察せず「軽い捻挫」であっさり済ませた別の病院にはもう絶対行きたくない(苦笑)。
 
待合室でとある女性が「足痛いから〇〇病院行ったら異常なしっていうから普通に運動してたのに、さらに痛くなったからここの病院に来たら、『半月板と靭帯が損傷してる』って言われたわ」
 
とのこと。。みんな同じなんですね。お医者さんの言葉って鵜呑みにしてしまうけれども、「異常なし」と言われたとしても異変を感じたら時には疑うことも必要なのかもしれない・・と思ったえいしくんなのでした。
 
そして、座ったままの上半身の運動ならやっても良いとのことだったので、昨日は久しぶりにジムへ行ってきました☆
 
体内測定をしてもらったんですけど、三ヶ月間まともに運動していなかったので相当筋肉落ちていると思ったのですが、
 
体重かわらず
 
体脂肪率3%減少(しかも過去二番目の低さ)
 
筋肉量微増
 
 
なんだこりゃ(笑)。
 
結果は良かったけど、、ちゃんとやってたときより良いってどういうことさ!
 
うーん。複雑な思いだべさ(苦笑)。
 
おっつー!
毎日読んでいる、益田ミリさんのエッセイ「すーちゃん」シリーズの主人公。
... 続きを読む