旅行二日目。大した内容じゃないのであしからず(笑)。

遊覧船に乗るために、大阪城公園を歩いていたのですが、

セミの声がうるさ過ぎる(笑)。

関西はあれが普通なんでしょうか?東京の公園よりもずっと大音量でした。

その証拠に、どの木にも写真のように、数十匹以上のセミのぬけがらが根元から上の方までたくさんついていました。

遊覧船では大阪の町をながめながらのんびり。東京よりも色んな形の建物があるような気がします。

大阪城は美しくてずっと眺めていてもあきない感じ♪

父は様々な角度から何枚も大阪城を撮影。それだけなら良いのですが、父は必ず人物(この場合父か俺ね)を一緒に写して撮るので、そのたびに何回もピースしたり笑うのが面倒くさくなってしまったえいしくん(苦笑)。それで反抗期はよく「もう写真撮らないで!」と怒っていましたw

でももう大人ですし、せっかくの旅行だから、頑張って笑顔で写りました☆(と思ったら、結構疲れた顔してた…汗)

綺麗な大阪城ですが、中に入ると、色々考えさせられました。

豊臣家が滅んだ「大坂の陣」はかなり凄まじい戦いだったそうで。学校の授業ではこの戦いで豊臣家が破れ徳川家康の時代がはじまる、くらいしか触れませんでしたけど。

展示してあった絵画は、逃げ場を失ったひとたちが追い詰められていてまさしく地獄でした。特に多くの女性たちが犠牲になったそうで。

「戦争はいつの時代も弱者が犠牲になる」

という言葉が書いてあって、しばらくその言葉が離れませんでした。

城をみたあとは、父が行きたいと言っていたお好み焼き屋さんへ。

当たり前ですがソースがたっぷり塗られていて濃そうだと思ったら見かけよりはさっぱりしていました。野菜がたくさん入ってたからかな?モチとか豚とか色々入っているミックスだったのであきない食感でした♪

食べながら思い出したこと。「月曜から夜更かし」にて。


関〇ャニ村上「俺は薄味が好き。関西だから。」

マツコ「うわっ出た!関西人の薄味アピール!『東京のうどんはゴキブリが入ってもわかりまへんわ~』ってお前ら薄いのはうどんだけだろ!!お好み焼きにたくさんソースかけるくせに!!」

確かにめちゃくちゃかけてた(笑)。でも東京だってたくさんかけますからねぇ。とにかく美味しかったからなにより!

~~

食後は梅田スカイビルへ。

展望台に行ったのですが、ここも眺めがすごく良かった♪通天閣、大阪城も景色は良かったけど、俺はここが一番良かったです。人が少ないからのんびり眺められるし、周りのビルよりも高いから、大阪の町を一望出来ました(^^)。

そしてそのまま、新大阪駅でお土産を買って帰りましたとさ。

ちなみに、二人が旅行中に撮った写真は500枚近くありました。父は写真に撮られると表情が硬くなってしまうので笑ってる写真がいつもあまりないのですが、今回は笑っている写真がたくさんありました♪

父は本当に楽しかったみたいで、旅行から帰ってきてもしばらく大阪の話をしていました。少しは親孝行出来たのかもしれません☆

もちろん俺も楽しかったです!父子二人旅も悪くないなぁと思いました。

そして大阪のイメージも変わりました。街全体がテーマパークのような感じの場所が多く、東京では見られない光景が新鮮でいるだけでワクワクしましたねー。

「大阪行くんだけど、みる場所がないから京都にいきたい!」なんて言ったのはどこの誰でしょうねまったく…←

百聞は一見にしかずでございますな。

というわけで思い出に残る旅でした☆

長く引っ張ったけれど何もなくてすみません(汗)。


~~

親子だと思った出来事2

父「××って串かつ屋さんに行きたいんだよなー。あっここだ!」

店員さん「いらっしゃいませー。御席にどうぞ。」

(着席)

父「あれ…食べたかったメニューがないなぁ。」

店員さん「お通しでございます。」

父「すみません、ここは××ですか?」

店員さん「××は隣ですけど?」

えいし(・_・;)

父「あっすみません!(苦笑)。失礼しました!」

と言ってすぐに店を出た父。

えいし家で一番しっかり者の父ですが、意外とおっちょこちょいの面もあるのだなと、今回の旅行でわかりました(笑)。まぁ初めていく場所で、しかも似たような串かつ屋がたくさんあるので迷っちゃいますよねっ。

大阪で特に一番楽しかったのは、父と食べた串かつです(^0^)。

おっつー!






またまた空いてしまったけれど、ついに大阪へ行きました。

通天閣からの眺め、とても良かったです。意外と緑が多い気がしました。あべのハルカスも見えましたよ!

父は生のビリケン人形を見て、テンション上がりまくりで、片っ端から写真に収めていました。

えいしくんは通天閣で眼鏡を落としたものの、親切な方のおかげですぐに見つかりましたとさ。

昼は串かつ。

めっちゃ美味しかった♪驚いたのは、揚げているのにさっぱりしていること。東京の居酒屋にある串かつとは衣からなにから全然違う感じです。

えいしくんは普段揚げ物にソースをかけることはほとんどありません。ポン酢派なんです。ですが、串かつ屋さんのソースは持ち帰りたいくらいでした(笑)。

あと、白身魚の串かつを注文したのですが、関東の白身魚とは違う脂がのった感じの魚でした。何の魚だったんだろう?また食べたい!

食後は、路面電車に乗って住吉大社へ行き、更に地下鉄で八坂神社に行きました。どちらも全然知らなかったのですが、有名な神社なんですね。八坂神社には大きな獅子の舞台があってデカさに圧倒されました。高さは12m、幅は7mだそうです。

歩き回って汗をかいたあとは、スパワールドという巨大スーパー銭湯でリラックス。風呂が十数種類もあって、一日いても楽しめそうな場所でした。

夕方には食事するために道頓堀へ。カニ(の看板)があったり、グリコの看板があったり「ドラマで観る風景だ!本物!」と思いました。歩いていたら、モーニング娘。が2010年に発売したアルバム「10 MY ME」に収録されていた「美味いねん 大阪」が流れていて嬉しかったです(笑)。

晩御飯ははも料理。こちらもさっぱりしていて美味しかったです。

この日の夜はビジネスホテルで、タコ焼きをつまみに父とふたりで酒をひっかけていつのまにか寝てしまいましたとさ。

親子だと思った出来事

↓↓

父「えいしー!めっちゃ珍しい車がある!!俺と車一緒に写真撮ってー!!(^0^)」

えいし「お父さん!あぶない!後ろトラックきた!!(°□°;)」

※ふたりともしらふ

おっつー!
間が空いてしまった。。

まぁそんなこんなで三人で行くことになったのですが、予約直前に父が旅行代の見積もりを出しました。すると、、

姉「えっ!?こんなにかかるの??じゃあ私行かない!(小声で)正直、大阪一度行ってるし大して行きたい場所じゃないし…」

じゃあ中止かぁ。。と父はひどくガッカリしていました。

あまりにも落ち込んでいたので「…じゃあふたりで行こうか?」と声をかけ、父と息子の二人旅が決まったわけです♪

さっそくガイドブックを買いにいくと、その本屋には大阪単独のものはなかったので、京都/大阪/神戸のトリプルA面のものを買いました。

見てびっくり。

大阪のページの薄さ。。日本の三大都市なのに!

観光地紹介が非常に少なく、食べ物屋さん紹介ばかり。だから行きたい場所探しは難航。。友達とだったらU〇Jとかなんでしょうけど、さすがに父とふたりで行く場所じゃないし(笑)。

「出身地は?」と聞かれ「神奈川です」とは決して言わない方たちが住む横.浜にあるビルを抜いて、高さ日本一になる予定の「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)に行きたかったのですが、オープンはまだ先で行けず。。

また、友人がオススメしていた場所が潰れていたりして決まらず。。

そんな感じだったので、

父「大阪旅行でどこに行きたい?」

えいし「京都!」

父「…京都は行く時間ないから。。」

えいし「じゃあ神戸」

父「神戸は横.浜と同じだけど、それでも良いのか?」

えいし「…じゃあ太陽の塔」

父「あそこは塔以外はなんもない公園だけど、それでも良いのか?」

えいし「…じゃあ串かつとお好み焼きとタコ焼き食べられればそれで良いよ。そのついでに大阪城でも見られれば。あとは全部お父さんに任せます。」

あっ押し付けた訳ではなく、父はこういう下調べが大好きなのと、父にとっては長年あこがれていた大阪なので、父のリクエストを叶えてあげたいという、言わば息子の優しさ!!

事実、ものすごく分厚いしおりも作っていましたし(笑)。

という訳で、父に全てを任せ、おれはあまり下調べずにお気楽に旅行当日を迎えたのでした♪

つづく!

おっつー☆
大阪へ旅行に行ってきました。

男二人旅でございます。

ちなみに、相方さんとではありませんwww

父とふたりです。

「えっなんで??」

と思われるかもしれませんね(笑)。

そもそものはじまりは俺が中高生くらいのとき。

父はその頃から「大阪に行ってみたい!」と度々言ってたのですが、実際に行こうとはしませんでした。

たから家族からは「また言ってるよ~。どうせ口だけでしょ(笑)」と本気にしてもらえず(ごめんなさい…)。

姉が友達と行ったときはすごくうらやましそうにしていて。

父は本気で行きたかったんだと思いますが、仕事が忙しくて夜勤とか泊まりのときもあったから、きっと定年後に行こうと思っていたのかもしれません。

しかし、父の定年直前に、同居している祖母が、転倒したのをきっかけに介護が必要になりました。今はだいぶ回復したものの、夜は父か母のどちらかが家にいないといけない状態。

だから、旅行することは非常に難しくなってしまったのです。

そんな6月のある日、父に「昼飯食べに行こう」と誘われふたりで定食屋さんにいきました。

ふたりっきりで話すことはあまりないので、少し戸惑いました。家ではあまり話さないようなことを色々話していると、

父「俺、大阪に行きたいんだよね。ビリケンに触りたいし、通天閣にも登りたいんだ!」

おれ「それ本気なのー?(笑)昔から言ってるけど口だけで行かないじゃんw」

父「いや行きたいんだけど、今はなかなか行ける状況じゃないしさ。おばあちゃんは介護必要だから家族全員で行く訳にはいかないし、だからえいしとおれで行こうよ!」

おれ「うーん、ちょっと考えさせてー」

即答しなかった理由はふたつ。

2日ずっと父とふたりになって、何話せば良いんだろう大丈夫かなぁというのがひとつ(笑)。だから、姉も誘ってみました。すると「行く行くー!」とふたつ返事だったので、三人でいくことに。

もうひとつは目的地。えいしくんは「大阪に行きたい!」と思ったことがほとんどなかったのです。東京(の端くれだけど)で生まれ千葉で育ったせいなのか、旅行というのは、自然が多い場所か、古い建造物がある場所へいくのが当たり前という感覚だったのです。だから「なんで旅行でわざわざ都会に行かなきゃいけないの?」という気持ちがあって、大阪にはさほど興味がありませんでした。食べ物には興味ありありでしたけど。

でも、今回は父の長年の夢を叶えてあげよう!と思い、三人で大阪にいくことになりましたとさ!

つづく!

おっつー☆