2013.11.30 優しい思い出
おばあちゃんはようやく全身の痛みから解放されました。ずっと会いたがっていたおじいちゃんの元へようやく行けました。

まだ実感がないから悲しみはあまりないけれど、写真を見たら泣いてしまうんだろうなと。でも、なんかとてもホッとした気持ちもあります。痛み止めを使っても激痛だったみたいですから。。

一度もお見舞いに行かず、じいちゃんのときはものすごく後悔したから、ばあちゃんには無理をしてでも会いに行った、なるべくたくさん手紙を書いた。

ばあちゃんが少しでも元気になればという気持ちではもちろんあるけれど、それだけではなくじいちゃんに対する申し訳なさとか、自分が後悔しないようにとか色んな気持ちが混ざりながら。

それできっと良かったんだと、今の自分がすべきことをしたんだと、自分のしたことは間違っていなかったと思いたい。

元気なうちにもっと会いに行っていれば良かったとは思うけれど。。



先週末、お見舞いに行ったのが俺にとっては最後になった。

それまでのお見舞いは「次も絶対来るんだ!」って気持ちだった。でも今回は、「これが本当に最後になってしまうかもしれない…」と思った。

だって話しかけてもほとんど反応ないし、ずっと寝ているし、腕を動かすことすら痛みが強くなっていたし、身体が硬直しはじめていたから。痛みがあるから手に触れることもほとんど出来なかった。

別れ際、「また来るからね!」って言ったんだけど、ばあちゃんは目を薄く開けてこっちを見ているだけ。涙が出そうになったのを必死で堪えて笑顔で話した。それでも反応がなくて病室を後にしようとしたとき、振り返ると、硬直しはじめている手で、ばあちゃんは震えながら手を上げて、ゆっくり手を振ってくれた。

すごく嬉しかった。

ばあちゃんの最後の優しさ。そして女優魂。前に書きましたが、ばあちゃんは昔から演技が上手いんです(笑)。「心配をかけまい!」と力を振り絞ってくれたんでしょうね。

正直、俺はばあちゃんとの思い出があまりないんです。「ここまで書いてなんだよ!」と思われるかもしれませんが(汗)。

年に一回しか会わなかったし、みんなで出かけるときもいつも農作業かお留守番していていたから、一緒に過ごす時間はかなり少なかったんですよね。

でも、俺が小さい頃、近所の友達と「パン食い競走をやろう!」となったとき、おばあちゃんに無理を言って、パンがなかったから代わりにクッキーに糸をつけて吊してくれたのを覚えています。とにかく優しくしてくれた。たくさん愛情を頂いた。俺はおばあちゃんに何もしてあげられなかったけれど。。

最後まで優しいおばあちゃんでした。最後に忘れられない思い出が出来ました。

おばあちゃん、本当にどうもありがとう。今までもこれからもずーっとずーっと大好きです。おじいちゃんにもよろしくねっ!

おっつー!
2013.11.27 体調管理
体調不良のため、昨日お仕事を休みました。。

一晩中下痢が続き、微熱やだるさがあり、もしやノロか…!?と思いましたが、軽い胃腸炎と診断されホッとしました。

よくよく考えると、ノロは上と下同時に水分が大量に出てとまらなかったので、こんなもんじゃなかったです(汗)。

原因ははっきりしないんですが、土日に田舎に戻って普段はあまり食べないような油っこいものやナマモノをたくさん食べ過ぎたこと、日程をキツキツにしてしまったので疲れが溜まってしまったせいかと思います。あと運動不足が祟ったのか。。

ちなみに、今はすっかり元気です!

ただ、、昨日行く予定だった華〇朋美のコンサートは行けず、職場のひとが美味しいランチに連れていってくれるというのも行けず。。

うわぁぁぁー!!!!

まぁ仕方ない。またいけばいいんだし。

去年から(大したものではいものの)自分のせいで体調不良になることが増え、健康管理に本当に自信がないです。。学生時代は体調崩したことなんてほとんどなかったのになぁ…。

多分、運動不足が一番の原因だと思います。

学生時代から体脂肪率はあまり変わっていないのですが、高大時代は運動していて60kgでしたが、この間ジムで測ったら運動不足なのに54kgまで減っていて、さすがに体力的にまずいと自覚しました。。あまり健康的な痩せ方ではないですからねー。

とにかく、筋肉をつけるためにあまり行ってないジムに行く回数を増やさねば。。あと、ひとつ前の駅で降りて家まで歩いたりとかしていきたいですね。

筋肉で+3kgを目標に頑張りたいと思います!

おっつー!
ひとり暮らしして分かったこと。

それは、自分は米が大好きであること。

もちろん前から分かっていますが(笑)。もちろん、パンや麺も大好きなのですが、小さいときから米には敵わないんです。

ひとり暮らしを初めて、それがゆるぎないものになったような気がするのです。自分の好きなものを自由に食べられるようになったわけなのですが、実は言うとパンや麺を食べたいと思った日は現在までにありませんでした。

買うことはありましたけれど、俺の中ではパンや麺は、“米がないときに食べるもの”という扱いなんだと気がついたのです。

誤解されないように付け加えると、決して好きじゃなくなった訳ではなく、今まで通りパンや麺を食べて、変わらずに「美味しい!」って心の底から思うんですよ?!天ぷらそばも、稲庭うどんも、五目ラーメンも、そうめんも、あんぱんも、クロワッサンも、タンメンも、ちゃんぽんも、皿うどんも、大好物なんですから!!

ただ、選べるのなら、お米を食べたいと思うことが増えたのです。実家にいたときはそこまで強くは思わなかったんですけどねー。

きっと、母の作るパンや麺の料理が美味しかったからなんでしょうね。


あとひとり暮らしとは関係ないですが、油っこすぎる、しょっぱすぎる、甘すぎするようなジャンクな食べ物は、元々食べたいと思わないけれど、今まで以上に食べたいと思わなくなりました。大人になったのかな(苦笑)。

具体的に言うと、ハンバーガー、ホットドッグ、クリームパン、チョココロネ、ポテトチップス、炭酸飲料、スナック菓子などなど。。

別に健康のことを考えてというよりは、自分の身体や気持ちがそういう食べ物を求めなくなってきたのです。そういうもの食べ過ぎるとお腹痛くなりやすくなったし。。

でも、天ぷらとかフライ、アイスクリーム、ケーキなどは変わらずに大好きなので、必ずしも全部が全部当てはまる訳ではなく、矛盾があるので自分でも良くわからないのです。

あと、菓子パンに対しての考え方が変わった!菓子パンに関しては「食事」として食べることに違和感がわいてきてしまったんです。

例えば、シュークリームは変わらずに好きだけど、クリームパンは買ってまで食べたいとは思わない。「シュークリーム」はデザートだから良いんだけど、「クリームパン」がもし食事としてだされたら、食事なのにクリームって…って思ってしまう感じです。

わかりづらい上に単なるワガママですみません(笑)。
まぁ、昔も今も甘いものは大好きなのですが、自分で買ってまでたべるという習慣はそもそもあまりなかったんですよね。旅行に行ったときにお土産で買うくらいです。あとは、家にたまたまあるからたべるとか、頂いたからたべるとかね。間食もあまりしないですし。夏期限定でアイスクリームは例外ですが(笑)。

ちなみに、小学生の頃は毎日スナック菓子ばかり食べていましたが。。

「同じひとでも好みは変わる」ということですな。byワクテカ Take a chance

そしてえいしくんは、

「お米が大好き!ジャパニーズ!!」

「たまにはこってりも良いけど、基本はさっぱりダネ!!」

ってだけです。

好みが変わるのは寂しい気もしますが。。

しょうもない日記ですみません(笑)。

みなさんは食の好みが変わったことはありますか!?

おっつー☆
2013.11.24 秋コン
最近、「あ〇ちゃん」よりも、「ご〇そうさん」の方が好きかもしれないと思いはじめたえいしです。

先日、モーニング娘。のコンサートに行ってきました☆

ちなみに、あくまで音楽知識が全くないド素人の感想なのであしからず。

●小田さくらの歌唱力●
今年加入したさくらちゃん(小田さくら)の歌割りが激増していた。しかも中学生とは思えないくらいめちゃくちゃ歌が上手い!これからはさくらちゃん推しになろうかな。しかも写真よりも、動いている方がずっと可愛かった☆

●みんなの体力●
・バラードがほとんどなく、歌って踊る曲ばかり。体力すごいなぁ。アスリートみたい。リーダーのさゆは全身に湿布貼らないと耐え切れないと以前言っていたので心配ですが。。


●フォーメーションダンス●
カメラがステージ上部にも設置されていて、今のモー娘。最大の武器である“フォーメーションダンス”を上から眺められた♪メンバーのフォーメーションが色んな形に、素早く激しく次から次へと変化していくんですけど、かなり綺麗に揃っていました。上からのカメラがあると、もし揃っていないとすぐバレちゃうから練習大変だと思います。

●EDM●
・EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)アレンジの曲は好きだけど、どれも同じような雰囲気になるのはどうしようもないのか。。ちなみに「EDM」は簡単に言うと、普通の楽器を使わずに、電子楽器とかコンピューターで作曲した曲のこと。ちょっと前の「ユーロビート」と同じような感じかな?EDMじゃない曲もたまには聴きたいですね。

●鈴木香音のMC●
ズッキ(鈴木香音)のMCの司会が上手だった。歌上手いのに歌割りが少なくてかわいそうだっただけに、今後もMCで見返して欲しい!

●リーダーの存在感●
道重さゆみの存在感がすごい。いるだけで華がある。単独MCでは何回も大爆笑が起こっていた。いつまでもモー娘。にいてほしいです。

●佐藤優樹の可能性●
まーちゃん(佐藤優樹)も歌割りが多くなって推されていた。声がまだ幼くて正直今は歌が上手いのかどうかよくわかりませんが、たまにものすごく上手くて迫力ある!!と思う瞬間があります。特に最新シングル「ワガママ 気のまま 愛のジョーク」の最後の「あーいーさーれーたあーいぇぇぇ!」のところがイイですね(^^)。

ちなみに、つんく♂さんによると、まーちゃんはピアノ・ドラム・バレエの経験があり、絶対音感があるそうです。そのため、音楽的なセンスは歴史メンバーの中でもスバ抜けているのだとか。一番歌唱力があるさくらちゃんでさえ、インタビューで「ライバルは?」と聞かれたときに「佐藤さんです。天才だから」と答えていました。

将来的にはエースなのかな!?


~~

アイドル戦国時代と言われている今日、ライブでさえも口パクで歌を披露し誰でも踊れるような素人らしさを前面に出したアイドルや、下手なのが逆にウケているアイドルが人気ですよね。

それはそれで良いと思いますが、モーニング娘。の場合は加入したその日からプロなんです。

また、激しいダンスを売りにしているアイドルグループも中にはいますが、ただ激しく踊るだけでは見ていて面白くない。そして、ダンスが激しい代わりに、歌唱においては曲の全てがユニゾン(コーラス)や口パクでごまかしたりておざなりになっているグループもいます。

個人的な意見ですが、最初から最後までコーラスや口パクだと誰が歌っているのかわからないし、いつまで経ってもメンバーが成長出来ないので決して良いことではないと思います。


以前元リーダーの高橋愛が言っていましたが「私たちはお客さんからお金をもらってパフォーマンスをしている。だから、ナメた態度でやってもらっては困る。」と後輩たちに言っていました。

その言葉が改めてわかったようなライブでした。

ただ歌って踊るだけではなく、お客さんを楽しませようという気持ちがすごく伝わってきて、例えば、フォーメーションが次々変化していくのは見ていて「おぉ!」と声をあげてしまうほど興奮するし、メンバーたちのパフォーマンスとは違う一面が引き出されるMCは面白いし、カッコイイ曲や可愛い曲だけじゃなくちょっとダサい曲もあったりすれのがまた愛くるしいし、口パクをしないからメンバーたちの成長が伝わるし、変な言い方ですが、お金を出していく価値が十分ありました。中高生のメンバーがほとんどなのに、さすがプロですね。

これからが本当楽しみです!!

おっつー☆
(母方の)ばあちゃんの余命はあと10日だと母から聞いた。

でも、既に10日以上経っている。

もしかしたら体調が良くなったのかな?と期待をしてみた。

イトコから今日届いた手紙には「あと1週間と言われながらも、おばあちゃんは毎日頑張っている」と書いてあった。

そんな中、母が明日田舎(東北)に帰るというのをおばさんから聞いた。

母は気を使って俺や姉には言わなかったみたい。

姉は「気の使い方を間違えてる!」と怒っていた。

どうやら、父が「いちいち子どもたちに言うな」と母に言って、それを気にしていたみたい。

母が行くなら俺も一緒に行きたいと伝えたら、父は「近いうちに行かなくてはいけないから、その時にいけばいい」と言っていたそうな。

そうなってからじゃ遅いんだって。。

父は父なりに考えて言っているんでしょうけど、改めて温度差を感じた。

この間も「おばあちゃん、今日はたくさんごはん食べたんだって」と言ったら、「まだ頑張っているんだなぁ」と言った。

なに?「まだ」って。思わずキレ気味に聞いしまった。父は悪気がなく言ってしまったみたいですが。

父は父で、同居している(父方の)祖母の介護のことでストレスが溜まっていて、お酒の量が増えているらしい。

父も母も自分の親のことで色んなものを抱えている。そんな状況にも関わらず、転勤でもなんでもないのに家を出て、自分のことばかり考え、家族を支えられていない自分。ほんと情けねぇなぁ。。

だからせめて明日は、母と一緒にお見舞いに行って、少しでもばあちゃんや母の力になりたいです。

俺は亡くなったじいちゃんが入院したとき、一度も病院にお見舞いへ行かなかった。ようやく行こうとしてチケットをとったら、そのすぐ後行く前に他界してしまったんです。まさかこんな早く会えなくなるとは思っていなかった。行こうと思えばいくらでも時間はあったのに行こうとしなかった。

その後悔は多分消えることはないと思う。

だからせめて、おばあちゃんには一回でも多く顔を見せに行きたい。どんどん痩せ細って、身体中の激しい痛みに堪えるばあちゃんを見るのは正直かなり胸が苦しいけど。。ほんの少しでも力になれたなら。

~~

さっき母から来たメールには「念のため喪服持ってきて」と。前回行ったときも言われた。喪服持っていなかったからスーツ屋に買いに行ったけど、買えなかった。買いたくなかった。まだ余命の現実が受け入れられていないのかも。。

でも、喪服は現地でも買えるし、喪服探したりそういう準備をする時間を別のことに使いたいと思って、ばあちゃんへの手紙を書く時間にあてた。

もちろん、事前に準備することが必ずしも冷たいことなんかではないと思うけど、俺にはまだその覚悟が出来ていません。

とにかく、色んなことがあるけれど、最低限の荷物で、ただばあちゃんに会いたいから会いに行きたいと思います。

~~

今週の反省

「ご〇そうさん」に出てくる、主人公のことをいじめ続ける、関西弁で関東をバカにする小姑のモノマネを某友人にしたら、今にもぶん殴ってきそうな怖い顔になっちゃいましたとさ。俺がいけないのか、友人がいけないのか、脚本がいけないのか。。

まぁ、それくらいモノマネが似てるってことですねっ!

おっつー!
2013.11.04 後悔
ばあちゃんの体調が悪化し「いよいよ…」みたいなことを金曜夜に電話で言われたので、ほぼ手ぶら状態で翌朝田舎に行くことに。

幸いにも、前日より回復していたため、あまり呂律が回っていなかったけれど、コミュニケーションは取れていました。

でも、本当に痛そうで痛そうで見ていられなかった。どの位置に身体を置いても痛いらしい。痛み止めの量もどんどん増えていっているみたい。。

増やせば痛みは和らぐかもしれないけど、意識が朦朧としてしまったり、ただでさえ弱っている身体に更なるダメージを与えるのだとか。まさに両刃の剣。けれども、目の前で苦しんでいたらやっぱり楽になって欲しいという気持ちと、少しでも長生きして欲しいから増やして欲しくない気持ちが両方あってジレンマ。


経験したひとにしかわからない痛み。

どうしてあげるけことも出来ない。


ましてや俺は医学や介護の知識もない、近くに住んでいて頻繁に顔を見せてあげられる訳でもない。俺らのことを愛して可愛がってくれていたのに、二十年以上、年に一回しか会いに行かなかった。会おうと思えばいつでも会えたのに。

二日目には親戚の生まれたばかりの赤ちゃんがお見舞いに来た。ばあちゃんも笑顔に。子どもの存在って無敵。いるだけで元気になれるんだもん。

生まれてきてくれてありがとうって心から思った。

体調が思ったより持ち直したので、三日目には帰ることに。

この日は、薬を増やした影響でずっと寝ていました。

ベッドの横に、交換日記があった。お見舞いに来たひとが書いてのだとか。ページをめくるとほぼ毎日書いてあった。おばさんやいとこは毎日のように来てくれているのです。

おばあちゃんが入院した直後は比較的元気でご飯もたくさん食べていたみたい。だけど、それから痛み止めの量が増えてどんどん体力が落ちてご飯もほとんど食べられなくなったのだとか。確かに、この夏会ったときは元気にご飯食べて歩いていた。以前入院していたおじいちゃんも同じだった。

状況は非常に厳しい。

それでも、みんなも俺も奇跡を願って、毎日過ごしています。

毎日お見舞いに来ているひとでさえ、後悔の気持ちを綴っていた。「私がもっとこうしていれば…」と。

ばあちゃんは身体中が痛くてコミュニケーションを取るのも辛いであろうにも関わらず、

えいし母「あら、〇〇ちゃんの毛皮のコート可愛いわね」


祖母「オラが貸したんだ」

と冗談を言ったり(笑)。それだけでも、奇跡に近いことなんじゃないかなーと俺は思います。

帰り、駅で美味しそうな甘酒があったのでばあちゃんに郵送することに。ふとしたことで店員のおばちゃんと、送るいきさつを話すことに。

えいし「こんなことなら、もっと顔を見せにいってれば良かったなと思って。。」

おばちゃん「でも、みんなそうなってからじゃないと気がつけないものよ。」

何気ない言葉だったけど、すごくありがたい言葉だった。

今回のことに限らず、きっと何から何まで後悔しないひとなんていないんですよね。だから、自分が出来ることを、出来る限りやっていけばそれで良い、それしかないと改めて思いました。

~~

ちなみに、前回来たときのこと。親戚の家から30分かけて病院に着いた途端姉が、

えいし姉「あっ家の玄関にかばん忘れた!」

(°―°;)

幸い、新幹線の時間まで数時間あったので取りにいってもらいましたが(汗)。

今回、

イトコ「えいし姉にウエストポーチ買ってあげようかなと思って。かばん忘れないようにね!(笑)」

えいし「前回はほんとごめんね(汗)。でも今回は大丈夫だよー!」

なーんて言ってたのですが、、

今日帰りに病院で

えいし「忘れものない?」
えいし姉「うん!今日はもう大丈夫☆」

5分後、駅に向かう車の中で、

えいし姉「携帯忘れたー!!」

(°□°;;;;;)


そのとき、発車時刻の30分前。ギリギリ間に合う時間だったんですが、念のため一本後の新幹線に変更して無事乗れました。

きょうだい揃っておっちょこちょい(苦笑)。

ですが、今回別のイトコも飛行機に乗り遅れて次の便で行ったそうです(汗)。


えいしくんがおっちょこちょいなのはDNAが原因ということにして下さい。。

おっつー!
更新頻度が過去最低になってしまった。。
 
えいしです。
 
ちなみに、ブログをやめるつもりも休止つもりも全くありません(笑)。これからもマイペースにゆるーく適当に更新していきます。
 
10月は実家に戻ったり、田舎に行ってたり、出張に行ったりとドタバタしていました。
 
部屋の中はだいぶ落ち着いて普通に生活出来るくらいになりましたが、まだ段ボール2~3箱くらい片付け終わっていないものがあります(汗)。
 
通勤は、最初は身動きが取れなくて朝から体力消耗していましたが、比較的空いてる時間帯を見つけたりしているうちに徐々に慣れてきました。でもラッシュはいくら経験しても本当に苦手です(苦笑)。
 
~~
 
最近の楽しみは朝ドラ。
 
一応、解説。
<DIV> 
今回の「ご○そうさん」は舞台が明治~昭和の東京と大阪。東京の洋食屋に生まれて美味しいものを食べながら育った主人公が、大阪に嫁いで食文化の違いに戸惑ったり時代に翻弄されながらも、持ち前の明るさで「美味しいものを食べさせたい」という気持ちを持ちながら懸命に生きるお話。来週から大阪編になるみたいですね。
 
前作「○まちゃん」が大好きだったこと、そして、今回の主演女優が好きでも嫌いでもなくよく知らなかったので自分の中では期待値が低かったんです。
 
ですが、今回は丁寧な王道の朝ドラって感じで、前作とまた違う魅力があって観ていて楽しいです。出てくる料理も美味しそうですし。
 
主人公の女優さんは非常にクールなイメージだったので「お転婆な役出来るのかな?」と最初は思いましたが、さすがは役者、意外と合っている気がします。
 
でも今回のドラマが好きになった一番の理由は、主人公が自分と似ている所があるかもしれません。
 
劇中では結構散々な言われようで、
 
「背が高く(当時の女性にとってはかなりコンプレックスなことらしい)、器量が良い訳でもない、勉強もロクにしない、食い意地張って食べることにしか興味がない
 
という(苦笑)。
 
主人公の食い意地エピソード
↓↓
 
小学生のころ、当時貴重だった苺ジャムをもらったが、家族の誰にもあげすに、無駄で学校に持ち込みなめていたところ、男友達と取り扱いになり、ジャムを池に落としてしまった。すると「ジャム返せ!」と馬乗りになってケンカをし、先生に「友達なら分けてあげても良かったんじゃないのか?」と言われると、「こんな奴友達じゃない!」とブチ切れる、という幼少期(苦笑)。
 
確かに、えいしくんも一番興味あるのは食べることなので主人公の気持ちにすごく共感しちゃいます。さすがに美味しいものをひとり占めにするほどではないですがw
 
だから、思わず応援したくなり、ついつい毎日見てしまいます。そういえば、初回からちゃんと朝ドラをみたのは始めてかもしれない。
 
来週はどんな展開になるのか今から楽しみです♪
 
おっつー!