上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.30 森高ライブ
この間行われた森高千里のライブ、参戦しちゃいましたー!

森高さんは相変わらず可愛くて、歌声も相変わらず素敵でした☆テレビでも観ても綺麗ですが、実際はもっと綺麗で、意外と小柄でした。

自分の大好きな歌手を生で観られるのはやはり感動しますね。距離が近いライブハウスだったのでなおさら。

MCではファンがボケて森高さんが突っ込みを入れるやりとりがすごく面白くて笑ったし、会場の雰囲気もとても和やか(^^)。大ヒットシングルからアルバムにも収録されないコアな曲、そして新曲(コラボ作品)まで聴けてお腹いっぱいでした。

今まで行った様々なライブの中でもトップ3に入るくらい楽しかったです☆

おっつー!
スポンサーサイト
五輪二大会連続入賞・世界選手権では三度もメダルを獲得した、日本を代表するフィギュアスケーター・村主章枝選手が引退しました。

2日前に村主さんの本を買ったばかりだったので驚きました。

一度くらいは試合観に行けば良かったなぁ・・・。

俺にとって、生まれて初めて(TVで)観たフィギュアスケートは、2002年のソルトレイクシティ五輪でした。

当時は中学生でスケートにも全然興味ありませんでしたが、村主選手の演技だけはしっかり覚えています。

衝撃でした。

高速スピン。

人間って氷上であんなに速く回れるのだと。
そしてすごく世界に引き込まれて、気が付いたら終わって、現実の世界に戻ったって感じでした。

スケートのルールはまだ全然よく分かりませんが、俺は他の誰よりも村主さんにトリノ五輪でメダルをあげたかったです。

現在のフィギュアスケートブームが起こる前から、村主選手は世界の舞台でたくさんの人を魅力し、成績を残して日本のフィギュアスケートを引っ張って下さいました。

10代・20代前半がピークの競技で33歳まで現役を続けたことは本当にすごいことだと思います。妹の千香さんがブログで、心身がボロボロになるまで頑張っていました、と書いていました。

本当に本当にお疲れさまでした。ゆっくり休んで下さい。そして第二の人生も素晴らしいものになるよう祈っています!

次の五輪では村主さんが振り付けした選手の演技が見られるといいですね(^^)

おっつー!
昨日フィギュアスケートのグランプリシリーズ「中国杯」を観ていました。

そしたら、すでに大きく報道されていますが、公式練習中にとんでもない事故が。。

羽生選手とハンヤン選手(中国)が、お互い後ろ向きで猛スピードで滑っていて前を向いたときにぶつかりそうになって回避しようとしたのですが間に合わず正面衝突。。

二人ともリンクに倒れ込み会場は騒然としてしまいました。

もちろん、事故ですからどちらが悪いとかってことは全くありません。

羽生選手は顎から流血し、フラフラ歩きで、顔が真っ青で足も痛めているようでした。頭にも大きな衝撃があったようで包帯を巻いていました。そんな状態でも試合に出場するなんて…。

ハンヤン選手も大きな衝撃を受けたため、一時は棄権したのですが、最終的には出ることに。ふたりはお互いを気遣って、試合前には握手していました。

二人ともフラフラでたくさん転倒し、かなりキツそうでしたが、最後まで演技を行っていました。「とにかく無事に終わって欲しい…!」という気持ちでいっぱいで、もう見ていられませんでした。

「感動」とは全く違うけれど、彼らのアスリートてしての執念を強く感じる演技でした。ふたりともすごい選手、すごいひとだと本当に思います。

まだ、4年に1度しかない五輪や、好成績を収めないと自国の出場枠が減ってしまう世界選手権だったら無理してでも出場というのはあるのかもしれませんけど、グランプリシリーズはそうではないのだから無理しなくても、、いや彼らにとってはそういう次元じゃないんでしょうね。

とは言え、今回の事故をネットやマスコミで美談や「伝説」のように取り上げられて欲しくはないですね。

あの決断が最善だったのかどうかは自分には分かりませんが、何よりも身体が大事だし、演技してケガが余計ひどくなることも考えられるし、本来だったら棄権するべきだったのかもしれないし(コーチも解説者も当初は棄権をすすめるようなことを言ってた)、「無理してでも出場することが良いことだし、それが真のアスリートだ」みたいに世間が誤解してしまったらいけない。

それは羽生選手たちにとっても不本意なのではないでしょうか。

まぁ、プロのスタッフさんたちの判断に基づいている訳だし、ドクターストップがかからなかったから出場したんでしょうから、あまり心配しなくてもきっと大丈夫なのかな・・・。

最終的にはロシアの若手、コフトゥン選手が優勝し、羽生選手は2位、アメリカのドーンブッシュ選手が3位、そしてハンヤン選手は6位でした。

ちなみに羽生選手が5回転倒しても2位に入れたのは、

・ジャンプを回りきった上で転倒をしたため、高得点につながる4回転ジャンプが一応認定されていたこと

・元々の演技構成点(芸術点)が高いこと



・前日の演技の点数の貯金があったこと

・他の選手も失敗が目立っていたこと

などが理由だそうです。もちろん、出来栄えや転倒などで色々減点はされていますけどね。

あと、あの状況下で滑りきった他の選手たちも本当に大変だったと思います。

優勝したコフトゥン選手は、4回転を5回跳ぶという世界初の試みでしたが、惜しくも成功にはなりませんでした。その悔しさや羽生選手たちを気遣ってなのか、優勝しても全然笑顔はありませんでした。

シニア初デビューとなった、日本の田中刑事選手は8位でした。ワイルドな演技がカッコ良かったのでこれからが楽しみ!

次の大会では、事故などがなく無事に終えられるといいですね。。

選手の皆さん、ゆっくり休んで下さい!お疲れ様でした!

そして羽生選手とハンヤン選手のケガが早く良くなって、また素晴らしい演技が見られますように。

おっつー!
2日目の夕方、相方さんとジムへ行って来ました。

以前のジムではふたりで運動することはありませんでしたが、現在のジムでは時々同じ定期プログラムを受けたりしています。

この日は腹筋を鍛える内容だったのですが、日頃の運動不足が祟ったのか、途中で腹をつってしまい、動けなくなる寸前になってしまいました…。あぁ情けないw

でも、担当がさわやか100%なインストラクターさんが励ましてくれるので、俺も他の皆さんも苦しくても自然と笑顔になりました。

そのプログラムに受講しているのは十数人。担当の方とは面識はあまりなかったにも関わらず、すぐに名前を覚えて下さいました。ちゃんと全員の顔と名前を覚えているようです。

名前覚えてもらうって何か嬉しいですよね(^0^)。

~~

帰り道の会話

えいし「〇〇さん(インストラクター)は彼女いるのかな?!」

相方さん「休みの日は家に一人で閉じ籠ってるって言ってたからいないんじゃないかな(笑)」

えいし「あんな素敵なひとなのに意外だねー!あの笑顔にはマジ結婚したいくらいやられたw」

相方さん「指導してくれるとき、『どこさわってんの?!』ってくらいすごく密着してくるからドキドキしちゃった!」

えいし「てっ!ずるい!!www」


という、中学生みたいなしょうもない話をしておりました(^^;)。

こんな会話が出来るのは、ゲイカップルの醍醐味(?)ですね。

おっつー!
三連休がもうじき終わってしまうー!
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。