楽天グループ ホームページより引用

~~

プレスリリース詳細
2016年4月15日

楽天株式会社

楽天クラッチ募金、熊本地震被災支援のための募金受付を開始

http://corp.rakuten.co.jp/csr/contribution/kumamoto_201604.html
熊本地震により被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、楽天グループの様々な決済機能により支援が可能となるインターネット募金「楽天クラッチ募金」において、本日より熊本地震被害支援のための募金受付を順次開始いたします。

寄付者は、「楽天クラッチ募金」が用意する「楽天スーパーポイント」、「楽天カード」(クレジットカード)、「楽天銀行」(現金振込)、「楽天Edy(エディ)」(電子マネー)など、ご利用しやすい寄付方法を選び、寄付いただくことができます。

お寄せいただいた寄付金は、被災された方々の支援を目的として、地方自治体などに寄付いたします。なお受付期間は、2016年5月31日までを予定しております。楽天グループは、今後もCSR活動の一環として、インターネットを通じて多くの支援に迅速に対応できるよう、募金活動を進めてまいります。

「楽天クラッチ募金」熊本地震災害募金 概要
・受付期間: 2016年4月15日から2016年5月31日
・URL: http://corp.rakuten.co.jp/csr/contribution/kumamoto_201604.html

(1)楽天スーパーポイントによる募金
「楽天スーパーポイント」1ポイントを1円として寄付を受け付けます。

利用条件:
・ 1回につき、50から30,000ポイントまで寄付が可能です。
・ 1ヵ月にご利用いただけるポイントは、寄付以外のお買い物など「ポイント利用可能サービス」での利用額を合算して、100,000ポイントまでとなります。
・ 100ポイント未満の場合は、楽天カードと併用し100円から寄付を受け付けます。

(2)楽天カードによる募金
「楽天カード」にて100円から寄付を受け付けます。

利用条件:
・ 100円から利用限度額範囲内で寄付いただくことができます。
・ ご利用いただけるクレジットカードは「楽天カード」のみとなります。

(3)「楽天銀行」現金振込による募金受付
楽天銀行口座を利用して、24時間寄付することが可能です。また、楽天銀行口座をお持ちでないお客さまも、指定口座へ直接寄付金をお振込みいただけます。

銀行名 : 楽天銀行
支店名 : 本店
支店番号: 101
口座種別: 普通預金口座
口座番号: 9000172
口座名義: 楽天銀行株式会社 楽天クラッチ募金 熊本地震被害支援募金口

※お客さまの楽天銀行口座からの寄付に振込手数料はかかりません。
※楽天銀行口座以外からのお振込は、各金融機関が設定する振込手数料がかかります。
※クラッチ募金については、領収書の発行はいたしません。また、寄付金控除の対象にはなりません。

(4)「楽天Edy」(電子マネー)による募金受付
パソコン(FeliCaポート、パソリが必要です)、おサイフケータイ(R) (ドコモ・auのみ対象)から寄付いただけます。Androidケータイの方は、パソコンからのご利用をお願いいたします。
※「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
毎日新聞 4月15日 17時0分配信

大きな被害が出た14日の熊本地震(最大震度7)を受け、募金の受け付けやボランティア募集に向けた動きが始まっている。

 国内最大級のポータルサイト「ヤフージャパン」は15日、熊本地震の被災者支援を目的に、サイト内の「ヤフージャパン ネット募金」(http://donation.yahoo.co.jp/)で、寄せられた金額と同額をヤフージャパン側が寄付する災害緊急支援募金を始めた。合計2000万円を上限に始めたところ、初日で目標に達したため「倍額寄付」は終了。通常の募金は引き続き受け付ける。提携店での買い物などでたまる「Tポイント」を使っても寄付できる。中央共同募金会を通じて被災地の復興に使用するという。

 国内外の紛争や災害の支援活動を行うNGO「ピースウィンズ・ジャパン」は、ホームページ(http://peace-winds.org/)や「ヤフージャパン ネット募金」内で募金を受け付けている。同NGOは熊本地震の被災地に災害救助犬やレスキュー隊員を派遣している。

 日本赤十字社も15日午後から募金を開始。郵便振替と銀行振り込みで受け付けており、口座番号などの詳細はホームページ(http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/)に掲載されている。

 現地で作業に当たるボランティアの募集に関しては、熊本県社会福祉協議会が15日午後、「災害ボランティアセンター」を設置した。現在、スタッフが現地で調査しており、現地のニーズがまとまり次第、ホームページ(http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/)で協力を呼びかける予定だ。【大村健一/デジタル報道センター】