上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.12 姉と非常食
数か月前、スーパーにて

えいし「あっ!ビスコの缶詰があるよ!非常用だって。」

姉「ほんとだ~。しかも5年保存って書いてあるから、当分持ちそうだね。」

と言ってそれぞれ1缶ずつ買いました。

~~

昨日の夜

姉「えいしー、お腹空いた。何かお菓子ない?」

えいし「ないよ。しかも夜遅いし。」

姉「ここにビスコの缶があるじゃない!」

えいし「…それは非常用だから」

姉「今すごくお腹空いて買いに行くことも出来ないの。それって非常時じゃない!?」

えいし「知らないよ(笑)。自分のビスコ食べればいいじゃん!」






姉「もうとっくに食べちゃった」

えいし「えっ!?非常用に買ったんじゃないの?!しかもあれ5年保存なのに…まだ5か月も経ってないじゃんw」

姉「違うの!お腹すいているときに『非常食の缶を開けるなんてとんでもないな』と思ったんだけど、『でもいま開けたらどうなるんだろう?』と思って試しに開けてみたの。それで、『開封後はお早めにお召し上がりください』って書いてあったからすぐ食べたの。」

えいし「ひどいwとにかく俺のは食べちゃだめ!」

姉「ビスコがだめなら、この袋に入った乾パン食べようよ!」

えいし「だからそれも非常食なんだってば(苦笑)」

姉「ほらこの説明書きみて!『日頃不足しがちなカルシウムを1袋で牛乳瓶4本分補えます』だって。私、カルシウム足りてないから♪しかも『おやつ・ティータイムにどうぞ』って書いてある!まさに今!これはたべなきゃ!!」

えいし「だめったらだめ!wすぐ食べちゃうんだから、これからはお菓子以外の非常食買いなよ。例えばサバの缶詰とかパンの缶詰とかはどう?」

姉「サバ缶はテンション上がらないし、パンの缶詰は小学生の頃、勝手に開けて食べてお母さんに怒られたの。だからまた買っても食べちゃう気がする。」

えいし「その頃から非常食平気で食べてたんだ…(苦笑)」

姉「でもあのパンって、缶からすごく取りづらいの!味はまあまあだったかな(悪気なし)」

えいし「…じゃあもうアズキの缶詰とかマッシュルームの缶詰にしなよ。。」


~~


非常食に関しては、姉の分も俺が用意しなければと決意したえいしくんなのでした。

みなさんは、非常食を常食にしないようお気を付け下さい!

130112_1023~02

おっつー!
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。