先週末、映画「旅立ちの島唄~十五の春~」を観てきました!
沖縄の南大東島が舞台の、実話を基にしたオリジナルストーリー。

公式サイトよりあらすじ

↓↓

沖縄の離島、南大東島。那覇から飛行機で約1時間、船で13時間かかる。さとうきび以外にほぼ産業はない。この島には高校がなく、15歳の春に島を出て、家族と離れて暮らさねばならない。

南大東島に住む仲里優奈(三吉彩花)は14歳の中学2年生。父(小林薫)はさとうきび農家を営み、母(大竹しのぶ)は兄や姉が進学するときに那覇に渡ったままなぜか戻ってこない。家族は既に壊れかけていた。

3月、島の民謡グループ“ボロジノ娘”の現リーダーは中学卒業とともに沖縄本島へ高校進学のために島を去る。明日からは優奈がリーダーとして“ボロジノ娘”を牽引していくのだ。そして優奈もまた、1年後には高校進学のために島を出なくてはならない。島で過ごす最後の1年。ずっとふたりきりだった父と残されたわずかな時間、父をひとり残して那覇へ行く罪悪感、那覇での暮らしに対する不安と憧れ、淡い初恋、そして家族みんなで一緒に暮らしたいという想い……。

おとなになるには早すぎる年齢で人生の岐路に立つ15歳の春を迎えるまでの、父と娘、母と娘の1年間が丹念に描かれる。





~~

とても良かった。。

島から旅立つひと、残るひと、送りだすひと、島へは戻らないひと、それぞれの葛藤や決意なんかがすごくリアルでした。

最近涙腺が弱いのか、開始5分で涙が出てしまいました(笑)。

この島の子たちは、15歳になったらおとなにならなくちゃいけないんですね。島に残るにしても、親の後を継いだり職に就いたりするわけですし。

東京千葉で生まれ育ち、24年間親元で生活している自分とは対照的でした。とは言え、そんな自分でも、映画の中のシーンやセリフのひとつひとつが、「家族」のこと「家族のしあわせってなんだろう」と、とても考がえさせられました。

故郷を離れて頑張っていらっしゃる方は特に共感出来る内容かと思います。

父親役の小林薫さんは、メインキャストの割にあまりセリフが多くなかったのですが、それでも表情とか雰囲気で父親の気持ちを語っているような感じがしました。

そして、主演の三吉彩花さんもすごかった!

埼玉出身なんだそうですが、この映画のために課題の三 線・民謡・方言を2ヶ月でマスターしたんだとか。映画の中の演奏と歌は全て本人が披露したのだとか。一緒に観に行った沖縄出身の相方さんも「沖縄の子かと思った」と言っていました♪

俺も三 線をあんな風に歌って弾けたらいいなー。

映画のチケットを買うときに、「あちらにいらっしゃるのが主演の三吉さんですよ♪」と教えてくれたので振りかえると、舞台挨拶が終わったばかりの本人が歩いてたの!!

めちゃくちゃ綺麗で上品な感じの方だった!!17歳であんな存在感あるなんて・・・。

新聞のインタビューで記者さんも言っていましたが、映画のときと別人のようでした。

001.jpg


普段はおしゃれ大好きな今どきの女の子らしいのですが、島で生まれ育ったような素朴な女の子になりきっていた彼女の女優魂に拍手ですね!

パンフレットから

↓↓

「外から見たイメージの沖縄ではなく、内側から見た真の沖縄を撮りたかった」byプロデューサー

「利治(主人公の父親)の場合、セリフひとつでは解決できない、抱えているものが大きいと思います」by小林薫

「田舎=素朴で優しい だけではなく、みんなもっと強くて、もっと現実を見ているんでしょうね」by大竹しのぶ

~~

すでに全国で上映されているので、興味のある方はぜひ劇場ヘ!!

おっつー!
関連記事
Secret