体調回復後も、何かの病気の可能性はなかったものの、血液検査で一部の項目が基準を上回っていました。
そのため、特に治療等はなく普段通りの日常を送りつつも「経過観察」として、血液検査をするために数回通院していました。

当初は基準の10倍を上回っていたのでかなり心配でした。

しかし、一過性のものだったらしく、時間が経つにつれみるみる数値は良くなり、今日ようやく「ここまで数値がさがったならもう検査しなくても大丈夫ですよ」と言われ、無事、完全に回復しました。

ようやく安心です♪

とは言え、

今まで自分の健康を過信してきた自分に反省。

睡眠時間も少なかったし、有酸素運動はほとんどしないし、炭水化物多く取ってるし、万年口呼吸だし。よく考えると身体にいいことそんなにしてないなかもしれない(苦笑)。

そして、ノロウイルスのときもそうですが、自分が体調崩したことで、わかることってありますね。俺の場合は今まで体調崩したことがほとんどなかっただけになおさら。

「39度の熱ってこんなにだるいんだ」

「嘔吐が止まらないとこんなに苦しんだ」

「一日中寝ていなきゃいけないってこんなに退屈でストレスたまるんだ」

「一週間寝込んだあとって、ちょっと歩いただけでもこんなにへとへとになるんだ」

「普通にご飯が食べられる、普通に仕事できるってなんてありがたいことなんだろ」

「自分はいつもこれだけたくさんの方たちに支えてもらっていたんだ」

「医療保険制度がちゃんとある国に生まれて良かった」

「検査の結果を待つのってこんなに不安で時間が長く感じるんだ」

「みんな不安を抱えつつも、顔には出さずに日常を送っていたんだ」

体調不良自体は一週間だけだったし、結果的には大したことなかったけれど、それでもいろいろ感じました。

これらのことを忘れずにもう少し丁寧に生きていけたらなと思います。いつまで持続出来るか分かりませんが(笑)。

と言う訳で、心配おかけしました。今はすこぶる元気でっす♪

健康第一!!

おっつー!

関連記事
Secret