ついに発売!!予約して買ったらポスターもついてた♪

本当に良かった。。

俺は初めて聴くCDでも、いつもランダムで再生したり、好きな曲から聴いたり、微妙だったら次の曲にとばしたりします。

ですがこのCDは順番通りに歌詞カードを読みながら1曲1曲大事に聴かせて頂きました。曲順通りに聴くと、まるでひとつのストーリーになっているかのようでした。小さい頃から何回も聴いた曲だけれど、改めて歌詞を読むと「こんな曲だったんだ!」と思うことが多くて。

初めてCDを買ったときのような感覚がよみがえってきた♪

そして、歌声がすごくのびやか!

特に「save your dream」は楽しそうで、本当に歌うの大好きなんだなというのが伝わってきます。

ライブで本人がおっしゃっていたのですが、「曲を知っている人が『なんかちがうな』と思わないよう、当時の歌い方をなるべく意識した」とのこと。確かに、歌声はパワーアップしつつも、何気ない息遣いとかがしっかり再現されている気がしました。

そして、
「レコーディングする前に、曲が発売されたころを一つ一つ思い出してみた。それでものすごくいっぱい泣いた」

とのこと。振り返りたくない出来事だってたくさんあるだろうに、、それだけ真剣に向き合って作った作品なんでしょうね。

~~

1. I BELIEVE
力強い歌声。編曲も、壮大で躍動感もあって素敵♪ちなみにこの曲だけ、ミュージックビデオ収録されています。

「愛を貫いて苦しむより ほんの少し甘えた夜もあった」

2. keep yourself alive

原曲の機械っぽい音ではなく(それも好きだけど)、ギターやドラムの音になっててそれがすごくカッコイイ!ライブでやったら盛り上がりそうですね。

「法律も規則も名誉も何でも若さに勝てない」

3. save your dream

聴いているだけでワクワクしてきて、何かいいことがありそうな感じ!この曲が一番楽しそうな歌声です♪ライブで歌ってるときも一番可愛らしかった♪この曲、朋 ちゃんの中でもすっごく高いけれど、難なく自然に出ているのがすごいですね☆歌詞も今の朋 ちゃんにあっている気がしますね。

「偶然が重なり続けて道が出来ていく」

「くじけたことがあったあの丘 もう一度越えることが必要」

4. LOVE BRACE

優しい感じの歌声。でもそれだけじゃなくて力強いですね。って何回書いたんだろう(笑)。

「出会ってからは必ず幸せになる 初めて私が心に誓ってみたこと」

5. Hate tell a lie

出だしは一瞬「あれ?この曲は昔の編曲のまま?」と思ったけれど、徐々に新しい編曲に変わっていきました。バラードもこういう明るい曲もどちらもいいですね。

「何から何まであなたがすべて 私をどうにか輝かせるため 苦しんだり悩んだりして頑張ってる」

6. あなたがいれば

このシングル曲から今のレコード会社に移籍し、曲や歌い方が急に大人っぽくなったんですよね。高校生のとき初めて聴いて「これ朋ちゃんの歌声?!」と驚くくらい、歌がうまくなったのを覚えています。でも、今はそれ以上にうまいです。

「本当は2人で歩く道がある ずっと あなたを信じてたのに どうして こんなに 今も好きなのに 愛は届かない」

7. I’m proud -2013 Orchestra Ver.-

何回も何回も何回も聴いてきたけれど、聴けば聴くほど好きになる。これほど歌詞もメロディーも歌声もpvもジャケット写真も良い曲ってそう多くはないと俺は思います。

「いつからか 自分を誇れるようになってきたのはきっと あなたに会えた夜から」

8. LOVE IS ALL MUSIC

この曲も原曲の雰囲気を残しつつも壮大な感じになっています。歌声はもちろん、コーラスもプロデューサーの武部さんのピアノも心地好いですね。

「次の約束がノートに書いてあるから それを見て それを抱いて 今日はいい夢を見よう」

9. 夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-

発売前は「復帰シングルなのにカバーなの…?」と思いましたが、今ではとても好きな曲です。

「夢みた人生 今地獄に落ちて 二度と私には 夢はかえらない」

10. たのしく たのしく やさしくね

この曲が一番、原曲と雰囲気が変わりましたね。ピアノ演奏のみの優しいバラードになっています。良い意味で違う曲みたいに変わっていて、俺はこっちの方が断然好き!

雑誌のインタビューで「この曲はプライベートが上手くいかなくなり始めたときに発売された曲で、歌うのが辛くて『たのしくたのしく』と自分に言い聞かせるように歌ってた。」と述べていました。だからヒットしたのに全然歌わなかったんですね。

でも、今回新しい編曲になって生まれ変わり、この曲もすごく好きになったのだそうです♪

この曲は歌詞が分かりづらいイメージがあったのですが、新しい編曲で今の歌声で改めて聴くと、すごく良い歌詞だなぁと思います。


「ゆっくりと歩くのが一番って思うけれど 走らなきゃいけないって 思う季節もあるんだって 理解(わかっ)た)」


~~

普通のカバーなら自分流にして歌えば良いけれど、セルフカバーだと一度自分が歌っている訳だから難しそうですよね。特にヒットした曲だと原曲のイメージが強いからなおさら。

でもこのセルフカバーアルバムは、原曲とは違う良さがある曲もあれば、原曲を上回るくらい素敵な曲になっているものもあり、本当に聴けて良かった。

かつての壊れそうなくらいはかない歌声もそれはそれで良いけれど、やはり今の透き通りつつも力強い歌声が一番良いですね。

自分にとっては、ここ数年で最も感動したCDです。

強いて言うとすれば、

ベストなのに10曲はやはり少な過ぎる(笑)。もっと聴いていたいのにあっという間に終わっちゃった。

また、ジャケット写真はほんと綺麗だけれど、歌詞カードに全く写真がなくて、もっと色んな表情を観たかったなぁと思います。

そして、携帯のファンクラブに入ろうとしたら、



「スマートフォンのみ対応」

なにそれ?

ガラケーみたいな時代遅れはファンクラブに入る資格がないってこと?!

○ニバーサルミュージック、ふざけんな!!





なんて思ってません(笑)。

だってこんな素敵なアルバムを作って下さった訳ですし♪朋ちゃんはもちろん、アルバムに携わった方皆さんに感謝したいです!

どうもありがとうございました☆

今後も無理しない程度にリリースして欲しいですね♪

皆さんもぜひ聴いてみて下さーい☆

おっつー!
関連記事
Secret