上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪へ旅行に行ってきました。

男二人旅でございます。

ちなみに、相方さんとではありませんwww

父とふたりです。

「えっなんで??」

と思われるかもしれませんね(笑)。

そもそものはじまりは俺が中高生くらいのとき。

父はその頃から「大阪に行ってみたい!」と度々言ってたのですが、実際に行こうとはしませんでした。

たから家族からは「また言ってるよ~。どうせ口だけでしょ(笑)」と本気にしてもらえず(ごめんなさい…)。

姉が友達と行ったときはすごくうらやましそうにしていて。

父は本気で行きたかったんだと思いますが、仕事が忙しくて夜勤とか泊まりのときもあったから、きっと定年後に行こうと思っていたのかもしれません。

しかし、父の定年直前に、同居している祖母が、転倒したのをきっかけに介護が必要になりました。今はだいぶ回復したものの、夜は父か母のどちらかが家にいないといけない状態。

だから、旅行することは非常に難しくなってしまったのです。

そんな6月のある日、父に「昼飯食べに行こう」と誘われふたりで定食屋さんにいきました。

ふたりっきりで話すことはあまりないので、少し戸惑いました。家ではあまり話さないようなことを色々話していると、

父「俺、大阪に行きたいんだよね。ビリケンに触りたいし、通天閣にも登りたいんだ!」

おれ「それ本気なのー?(笑)昔から言ってるけど口だけで行かないじゃんw」

父「いや行きたいんだけど、今はなかなか行ける状況じゃないしさ。おばあちゃんは介護必要だから家族全員で行く訳にはいかないし、だからえいしとおれで行こうよ!」

おれ「うーん、ちょっと考えさせてー」

即答しなかった理由はふたつ。

2日ずっと父とふたりになって、何話せば良いんだろう大丈夫かなぁというのがひとつ(笑)。だから、姉も誘ってみました。すると「行く行くー!」とふたつ返事だったので、三人でいくことに。

もうひとつは目的地。えいしくんは「大阪に行きたい!」と思ったことがほとんどなかったのです。東京(の端くれだけど)で生まれ千葉で育ったせいなのか、旅行というのは、自然が多い場所か、古い建造物がある場所へいくのが当たり前という感覚だったのです。だから「なんで旅行でわざわざ都会に行かなきゃいけないの?」という気持ちがあって、大阪にはさほど興味がありませんでした。食べ物には興味ありありでしたけど。

でも、今回は父の長年の夢を叶えてあげよう!と思い、三人で大阪にいくことになりましたとさ!

つづく!

おっつー☆
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。