上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新頻度が過去最低になってしまった。。
 
えいしです。
 
ちなみに、ブログをやめるつもりも休止つもりも全くありません(笑)。これからもマイペースにゆるーく適当に更新していきます。
 
10月は実家に戻ったり、田舎に行ってたり、出張に行ったりとドタバタしていました。
 
部屋の中はだいぶ落ち着いて普通に生活出来るくらいになりましたが、まだ段ボール2~3箱くらい片付け終わっていないものがあります(汗)。
 
通勤は、最初は身動きが取れなくて朝から体力消耗していましたが、比較的空いてる時間帯を見つけたりしているうちに徐々に慣れてきました。でもラッシュはいくら経験しても本当に苦手です(苦笑)。
 
~~
 
最近の楽しみは朝ドラ。
 
一応、解説。
<DIV> 
今回の「ご○そうさん」は舞台が明治~昭和の東京と大阪。東京の洋食屋に生まれて美味しいものを食べながら育った主人公が、大阪に嫁いで食文化の違いに戸惑ったり時代に翻弄されながらも、持ち前の明るさで「美味しいものを食べさせたい」という気持ちを持ちながら懸命に生きるお話。来週から大阪編になるみたいですね。
 
前作「○まちゃん」が大好きだったこと、そして、今回の主演女優が好きでも嫌いでもなくよく知らなかったので自分の中では期待値が低かったんです。
 
ですが、今回は丁寧な王道の朝ドラって感じで、前作とまた違う魅力があって観ていて楽しいです。出てくる料理も美味しそうですし。
 
主人公の女優さんは非常にクールなイメージだったので「お転婆な役出来るのかな?」と最初は思いましたが、さすがは役者、意外と合っている気がします。
 
でも今回のドラマが好きになった一番の理由は、主人公が自分と似ている所があるかもしれません。
 
劇中では結構散々な言われようで、
 
「背が高く(当時の女性にとってはかなりコンプレックスなことらしい)、器量が良い訳でもない、勉強もロクにしない、食い意地張って食べることにしか興味がない
 
という(苦笑)。
 
主人公の食い意地エピソード
↓↓
 
小学生のころ、当時貴重だった苺ジャムをもらったが、家族の誰にもあげすに、無駄で学校に持ち込みなめていたところ、男友達と取り扱いになり、ジャムを池に落としてしまった。すると「ジャム返せ!」と馬乗りになってケンカをし、先生に「友達なら分けてあげても良かったんじゃないのか?」と言われると、「こんな奴友達じゃない!」とブチ切れる、という幼少期(苦笑)。
 
確かに、えいしくんも一番興味あるのは食べることなので主人公の気持ちにすごく共感しちゃいます。さすがに美味しいものをひとり占めにするほどではないですがw
 
だから、思わず応援したくなり、ついつい毎日見てしまいます。そういえば、初回からちゃんと朝ドラをみたのは始めてかもしれない。
 
来週はどんな展開になるのか今から楽しみです♪
 
おっつー!
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。