上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルは森 高 千 里の曲名。

1993年に発売された、森 高 千 里の代表曲「渡良瀬橋」の両Aシングルとして発売されました。

歌詞がとてもリアルで面白くて好きです。「夢の無い男よりも 夢のある女」って部分が特に耳に残りますね。セルフカバーされていたので、アップしてみましたー。いくつになっても可愛らしい声だなあ・・・。





「ライター志望」

作詞:森 高 千 里
作曲:斎 藤 英 夫

彼女には大きな夢がある
それは物書きになりたいこと
もちろん小説も書いたし 作詞もする
だから誰でもいいから早く
その才能を認めさせたい

彼に「そろそろ諦めろよ」と
「夢がデカ過ぎる」と言われても
気にもせずコネを捜して 走り回る
あの手この手といろんな人に
その才能を売り込んでゆく

もしかしたらこんな娘が とてつもないこと
あっけらかんと突然 やらかすかもしれない
夢の無い男よりも 夢のある女
あっけらかんと一人で その夢つかむかも…

とうとう彼女 彼と大ゲンカ
「君は才能無いんだから」と
ことごとく否定をされて とてもショック
逆に彼女は負けずに
「あんたこの才能を見抜けないのよ!」

もしかしたらこんな娘が すごい小説で
あっけらかんと突然 世に出るかもしれない
夢の無い男よりも 夢のある女
あっけらかんと一人で その夢つかむかも…

たまにくじけたりもするけど
すぐにそんな気分題材に生かし ペンを取る
夢の無い男よりも 夢のある女
あっけらかんと一人で その夢つかむでしょう

~~

おっつー!
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。