五輪二大会連続入賞・世界選手権では三度もメダルを獲得した、日本を代表するフィギュアスケーター・村主章枝選手が引退しました。

2日前に村主さんの本を買ったばかりだったので驚きました。

一度くらいは試合観に行けば良かったなぁ・・・。

俺にとって、生まれて初めて(TVで)観たフィギュアスケートは、2002年のソルトレイクシティ五輪でした。

当時は中学生でスケートにも全然興味ありませんでしたが、村主選手の演技だけはしっかり覚えています。

衝撃でした。

高速スピン。

人間って氷上であんなに速く回れるのだと。
そしてすごく世界に引き込まれて、気が付いたら終わって、現実の世界に戻ったって感じでした。

スケートのルールはまだ全然よく分かりませんが、俺は他の誰よりも村主さんにトリノ五輪でメダルをあげたかったです。

現在のフィギュアスケートブームが起こる前から、村主選手は世界の舞台でたくさんの人を魅力し、成績を残して日本のフィギュアスケートを引っ張って下さいました。

10代・20代前半がピークの競技で33歳まで現役を続けたことは本当にすごいことだと思います。妹の千香さんがブログで、心身がボロボロになるまで頑張っていました、と書いていました。

本当に本当にお疲れさまでした。ゆっくり休んで下さい。そして第二の人生も素晴らしいものになるよう祈っています!

次の五輪では村主さんが振り付けした選手の演技が見られるといいですね(^^)

おっつー!
関連記事
Secret