フィギュアスケートの世界国別対抗戦に行ってきましたー!

競技会に行くのは初でございます。

>moblog_6f9e088e.jpg
国別対抗戦は、フィギュアスケートの団体戦です。出場するのは米国・カナダ・ロシア・フランス・中国・日本の6ヵ国。

男子シングル2人
女子シングル2人
男女ペア1組
アイスダンス1組

でそれぞれ競い、順位をポイント化し、合計ポイントが一番高い国が優勝です。

会場は代々木体育館。二番目に安いA席でうしろの方でしたが、会場全体がよく見えて十分楽しめる場所でしたよ♪

テレビで観ているだけでは分からない、スピード感だったり、氷の削れる音だったり、選手たちの氷上以外での表情だったり、会場の熱気だったり、そういうのが感じられてとてもよかったです。あと、テレビ放送は日本開催であるにも関わらず録画放送な上に、下位選手はカットされてしまうので、やっぱり生が一番だなと思いました!

この日は

アイスダンスのショートダンス

男女シングルのショートプログラムです。

選手たちは国ごとにお祭り騒ぎのように応援していました(笑)。仮装をしたり踊ったり歌ったり。個人戦では決して見られない光景なので楽しかったです。

アイスダンス
➡ジャンプがないため、正直自分のようなにわかファンには選手の差があまり分かりません。

でも、世界選手権でメダルを取った三組はスピードがあり、よく揃っていたのは素人目でも分かりました。点数も大きく差がついていましたし。

女子ショート

個人的に応援している、フランスのメイテ選手、アメリカのワグナー選手、ゴールド選手を生で見られたのはとても嬉しかったです(^^)。

メイテ選手はミスがあったものの豪快なジャンプでした。着氷がいつも惜しいです。俺は助走がほとんどないアクセルジャンプが好きなんです。身体のバネだけで跳んでいるような。彼女もそのひとり。素人目でも運動神経の高さを感じますね。ネットでは3A(トリプルアクセル)挑戦中と言われていたのですがどうなったのでしょうか。いつか見てみたいです!

150416_fig_MEITE3630.jpg


SPで完璧な演技だったゴールド選手は、応援ではものすごくノリノリでジュリアナみたいな踊りをしてました(笑)。冒頭の連続ジャンプで壁にぶつりそうになりましたが、問題なく着氷出来て良かったです。スピードがあったり高く遠くへジャンプ出来るというのは大きな武器ですけれど、時にこういうこともあるのですね。

3_150416_fig_gold1630.jpg



ワグナー選手は、女優さんみたいでとてもエレガントでしたよ。演技は惜しいミスがあったものの、会場を湧かせていました。使用していた曲「スパルタクス」は俺の中では村主さんのイメージが強いのですが、ワグナーの演技も好きです。ワグナーファンの友達と一緒にすごく喜んでいました♪

6_150416_fig_wagner3630.jpg


村上選手も素敵でした。俺は専門的な難しいことは分かりませんが、何か引き込まれるなぁと思いました。最後の苦手な2A(ダブルアクセル)が無事に決まったときはホッとしました。日本チームは基本的に大人しいので、彼女が頑張って盛り上げようとしていました(笑)。

試合後のコメント「みんなの足を引っ張らないように頑張りました」

謙虚で良い子だなあと思うけれど、もっと自信を持ってー!私が引っ張るのよ!!くらいの気持ちでいて欲しいです。

現役続行するとのことなので、応援したいです!

1_150416_fig_murakami630.jpg


ロシアのラジオノワ選手は、スピンで他の選手には見られない形なので観客席から「おぉ~!」という声があちこちできこえました。曲調がどんどん変わっていくので合わせるの大変そうですよね。VIP席にいたス〇ップの木村〇哉さんはそれまで静かに観ていましたが、ラジオノワ選手の演技のときは非常にノリノリで拍手されてました!

5_150416_fig_RADIONOVA4600.jpg




トゥクタミシュワ選手は、本番では3A転倒でしたが、練習では綺麗に着氷。テレビだと大人っぽく大きく見えますが、実際はとても小さかったです。仲間たちとはしゃぐ姿は意外に感じましたね(笑)。

4_150416_fig_TUKTAMYSHEVA2630.jpg


中国の李子君選手はとても可愛らしいルックスと愛らしい演技でした。昔の真央ちゃんみたいです。実年齢より大人っぽく!格好良く!という演技が多い中で、10代にしかできない彼女の可愛いプログラムはとても印象的ですね。花もたくさん投げ込まれていました。日本での人気の高さを感じます。

7_150416_fig_LI4630.jpg


カナダ女子ふたりは、演技後に入れ替わるときに、リンク上で

シャートラント「行ってらっしゃーい!頑張ってね!」

ハイタッチ!

デールマン「ありがとう!私もがんばるわ!」

とハイタッチ返しをして、会場中が和みました♪ライバルでありながら、同じ国のチーム仲間でもあるんですよね。団体戦の魅了のひとつだと思います。

9_150416_fig_CHARTRAND630.jpg
シャートラント

8_150416_fig_DALEMAN4630.jpg
デールマン

ちなみに、アメリカ女子は無言で入れ替わりました笑。

世界選手権銀メダルの宮原さんは本調子ではなかったのか、珍しくミスが目立っていました。今シーズンは色々初めてのことがあって疲労が溜まっていたり、プレッシャーもあったのだと思います。フリーではのびのび滑って欲しいですね!

2_150416_fig_miyahara6305.jpg


おっつー!
関連記事
Secret