Yahoo ニュースより
 
毎日新聞 12月19日 12時59分配信

⬇⬇
◇今春引退、日本で指導者への道を歩み始める

 フィギュアスケートで日本のアイスダンスを支えてきた選手が指導者への道を歩み始めた。昨季限りで引退したキャシー・リード・コーチ(28)。今夏から宮原知子(さとこ)=大阪・関大高=と木原万莉子(京都醍醐ク)を指導する浜田美栄コーチらとともに指導にあたっている。宮原と木原が出場した11月末のNHK杯では、選手とともにキス・アンド・クライ(採点を待つ席)にも座った。「トップスケーターではなかったけれど、けがとか苦しい経験もした。私の経験を生かしたい」と意欲を見せている。

 米国人の父と日本人の母を持ち、弟のクリスと組んで2010年バンクーバー、14年ソチの2度の五輪と、8度の世界選手権に日本代表として出場した。だが左肩を痛め、弟のけがも重なって今年2月の4大陸選手権を欠場した時に「頭と体が一体にならなくなってしまった」。3月の世界選手権を終えた後、引退を決めた。

 指導者になるのは夢だった。引退後に米国で左肩を手術して休養していた時に、米国を訪れていた浜田コーチと会った。「日本で教えたい」と意向を伝え、7月から約2週間の試用期間を経てチームの一員になった。

 忙しい日々を送る。「ハードな仕事だけど、とても楽しい」。アイスダンス出身の選手らしく、スケーティングの基礎や体の使い方、ステップ、音楽のリズムの取り方や表現を指導する。10月のスケートアメリカ後は、ステップの評価が伸びなかった宮原に徹底指導。宮原はNHK杯でショートプログラム(SP)、フリーとも最高のレベル4を得た。さらに無良崇人(洋菓子のヒロタ)、永井優香(東京・駒場学園高)らにも指導。振り付けも行っており、11月の全日本ジュニア選手権2位の白岩優奈(京都醍醐ク)のSPなどを担当。選手の特徴や性格に合ったプログラムをつくり、振付師の才能の片りんも見せる。

夢は五輪選手育成 第二の人生でかなえたい多くの夢がある。「アイスダンスの選手を幼い頃から教えて育て、五輪に出場させたい。アイスダンスのテクニカルスペシャリスト(選手が行った要素の種類やレベルを判定する審判)もやりたい」。スケートへの情熱は尽きない。【福田智沙】


~~

この春突然の引退が発表されたときはびっくりしましたが、コーチとして第二の人生を歩み始めているんですね!

日本はアイスダンスの選手が少しずつ増えているものの、シングルに比べると圧倒的に少ないのです。だから、経験者である彼女の指導というのは選手にとってきっと心強いのではないでしょうか。

引退してからの方が人生は長いですもんね。コーチとして五輪で観られる日がくるといいな(^^)。

リードきょうだいのペアがいたからこそ、日本は国別対抗戦や五輪の団体戦に出場が出来ました(男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの4組すべてがいないと出場出来ない)。日本のアイスダンスを支えてくれてありがとう!

ちなみに、弟のクリス・リード選手も新しいパートナーと試合に出ていますよ!

二人のこれからの活躍を祈っています!

おっつー♪
関連記事
Secret