スポーツ雑誌のNumber webより

とても選手の立場や気持ちに寄り添った文章で嬉しかったです。

↓↓
2017/01/07 11:30
松原孝臣

挑戦し続ける意志と過程の尊さ。浅田真央と村上佳菜子の未来。


2016年12月25日、全日本選手権女子。フリーを終えて、対照的な表情を見せた2人の心根には、相通ずるものがあったかもしれない。

 演技を終えたあと、氷上に両手をついたまま、しばらく動けなかった。すべての力を出し尽くしたかのようだった。

「これだけスケート人生を歩んできた、そのすべてを出せるようにと思っていました。出せたことが、うれしかったです」

 村上佳菜子はソチ五輪に出場した翌シーズンから、苦しい時間が続いた。

 2014年の全日本選手権では、ショートプログラムでジャンプの回転不足を取られ、9位に沈み、呆然とした表情を浮かべずにはいられなかった。総合でも5位と5年ぶりに表彰台を逃した。世界選手権代表には選ばれたものの7位に終わり、昨シーズンは5大会連続で出場していた世界選手権の代表から外れた。

 今シーズンのグランプリシリーズでは10位と11位。ジャンプでの失敗や回転不足を取られることが相次いだ。

 迎えたのが全日本選手権だった。

今シーズンでも上々の出来に、会場から拍手が起きる。

 ショートプログラムは「フリーに進めなかったらどうしよう」と思うほど追い込まれている中、12位。

 迎えたフリー。

 冒頭のトリプルフリップ、続くダブルアクセル、トリプルトウループ-ダブルトウループと成功。拍手が起こる。

 ジャンプを成功させると、「トスカ」の曲調を引き出し、場内の熱気を高める。

 回転不足を取られたジャンプはあったものの、今シーズンのこれまでにない滑りに、村上は涙と笑顔で喜びを露わにした。

ソチ五輪の後、ずっともがき続けてきた村上佳菜子。

何が今大会の演技につながったのか。

「苦しい思いをしてきて、浮き沈みがほんとうに多かったので、その浮き沈みも極端で(笑)。それでも逃げ出さず、向き合ってやってこれたので、それがかえってきたのかなと思います」

 また、こうも語る。

「(ソチ)オリンピックのあと、こういう演技がしたい、と思いながら、ずっともがいてきました」

 もがき続けてきた、イコール、あきらめずに、向き合い取り組んできた。

「小さな頃から感覚で跳んできたために、苦労しているのだと思いますけれど、それでもやらなければいけないですから」と、ジャンプの修正にもずっと取り組んできた。

 まさにもがき続け、それでもあきらめずにたどり着いたのが、2016年の全日本選手権だったのだ。

「最高のレベルを2つそろえられなくて」

 村上から1人置いてリンクに立った浅田真央は、悔しそうな表情とともにリンクを降りた。

 冒頭のトリプルアクセルは転倒。その後のジャンプでも回転不足や転倒などのミスが出た。

「自分の滑り、できることを全部やりたかったけれど、できなくて残念です」

 浅田はぽつりと言った。

 何よりも悔しかったのは、次の言葉にある。

「ショート、フリー、最高のレベルを2つそろえられなくて、悔いが残ります」


「現状維持ではなく、最高レベルを求めたい」

 一方で、こうも語った。

「最高レベルで臨みたいと思っていたので、できるところまで戻ってきたことはうれしく思います」

 ショート、フリーともに成功しなかったものの、トリプルアクセルを試合で入れられるところまで戻すことができた。

 トリプルアクセルに限らず、入れるべき要素を入れて選手権に臨むことができたこと――そこに希望を見出していた。

「来シーズンも挑戦を続けるのか」と尋ねられたとき、浅田はこう答えた。

「そうですね。競技者として、選手である以上、現状維持ではなく、最高レベルを求めたいと思っています」


さまざまなことを乗り越え、ソチ五輪で輝いたふたり。

 村上、浅田ともに、進退を取沙汰されることがなかったわけではない。

 周囲の思惑はどうあれ、2人はそれぞれに、自分の演技を求めて、進んできた。

 この選手権の2人の姿に、2人とも出場したソチ五輪を思い出す。

 ソチ五輪では、数々のベテラン選手が光を浴びた。その中には、「道を譲るべきだ」として何度も批判を浴びた選手もいた。そんな批判の矢をかいくぐって迎えたソチで、賞賛された。

 結果を出せば、挑戦は賞賛され、結果が出なければ、無謀と謗られ轟々たる非難を浴びることになる。

 結果がどうあれ、彼ら選手たちに等しく共通するのは、可能性がゼロだと思わない限り挑戦してきたということだ。


挑戦する意志と、その過程にこそ尊さがある。

 閉じられているかのようにも思える扉を、開こうとしてきた。

それは、アスリートの最大の本能であるかもしれない。

 別の言い方をすれば、どう周囲から言われようと挑まなければ、扉が開くことはない。結果がどうあれ、挑戦する意志とその過程にこそ、アスリートの尊さがある。村上と浅田もまた、そんなアスリートの1人だ。

 村上は今後のことを尋ねられ、こう答えた。

「今とりあえず決まっているのは卒業(中京大)ができるということ(笑)。そこから先のことは、先生たちやいろいろな方と相談して決めたいと思います。(これまでの経験は)耐えながらできたことは社会に出たときも生きると思っています」

 1つの形を成し遂げた村上、来シーズンに再び挑むと語る浅田。

 8位(村上)、12位(浅田)という結果にかかわりなく、それぞれに印象を残して終えた全日本選手権だった。

関連記事
Secret