上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、母とのバトルを書きましたが、自分は「(その宗教に入るかどうか)考えておく」と答えた所、母は「(宗教に入る日を)考えておく」と解釈してしまったみたいで、いつが都合良いか聞いてきます。

ハッキリ意思表示しない俺が悪いのですが、きっぱり「NO」と言ったらどうなってしまうのかと思うと怖くて出来ません。

ここ2.3年、母は宗教に関して何も言わなかったのですが、今月に入ってから前回書いたような発言が急に増えました。昨日も、
「私はお父さんとあんたが入らないなら、20年続けたこの宗教をやめる覚悟だから」
「(宗教が非常に嫌いな)お父さんに入ってもらいたくて手紙を書いた」

など、今まででは考えられない行動や発言が多くなり困惑しております。

2人っきりになるとその話をされるので、なるべく自分の部屋で過ごすか、みんな一緒の時だけ母と過ごすように心がけています。

自分も母も納得出来る結論は何なのか、姉に相談しました。俺は断固として宗教に入りたくないし入らない事が幸せ。けれども、母は何が何でも宗教に俺を入れて安心する事が幸せ。これを両立するには、

「あんたが学校を卒業した後、精神的にも経済的にも1人で自立している所を見せて、宗教に入らなくても大丈夫だってお母さんが思うくらい安心させてあげるのが私は一番良い気がする。」との事でした。それを聞いて、

(自分に出来る事は「宗教に入る・入らない」だけじゃないんだ・・・。)

と少し安心しました。もちろん母には安心してもらいたいし、幸せになってもらいたいから、自分にとっても一番最良の選択なのかもしれません。しかし、全て自分の行動や頑張り次第であるという事でもあるので、もっともっと努力をしなくてはと強く感じています。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それはそうと、授業でやったのですが、何か提案をされた時に日本人は「考えておく」と言うと遠回しに「NO」という意味になりますよね。でも米国人の「考えておく」は本当に検討をして、その提案がOKになるかどうかは「50:50」であるという意味なんだそうです。

これを聞いたとき、日本人は遠回しにそんな事言わないで堂々とNOって言えばいいのにな~と思いましたが、実際にそういうシチュエーションになるとやはりはっきり言えないものですね…(-_-;)自分の性格はもちろん、国民性も関係しているのでしょうか。

にしても、「考えておく=YES」と解釈するうちの母は一体何なんだろう…とも思ってしまいました(笑)。

おっつー!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://aruiterueishi.blog94.fc2.com/tb.php/321-fe8186dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。