上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!

先月母とのバトルを書いたのですが、その後をまだ書いてなかったので書きたいと思います。

前回母とのバトルがあった後、こっちの方や学校の友達、先生、家族が宗教をやっている人など色んな方からアドバイスを頂きました。おかげさまで、逃げないで母とちゃんと向き合ってみようという気になれました。

そう思って自分の思いをありのままに伝えようと(口頭では聞いてもらえないため)手紙を書く事に。

ある日、どう書けば母に伝わるかなぁと悩みながらながら台所に入ると、宗教施設から帰ってきたばかりの母がいました。

えいし「おかえりー。」
母「えいし、私の勝手な思いで色々言っちゃってごめんね。宗教に入らなくてもいいから。」
えいし「何かあったの??」
母「今日宗教の人に言われたの。私のような言い方じゃ本人がかわいそうだし、何の意味にもならないって。」
えいし「……」

そのまま俺は自分の部屋に戻りました。

それ以来母は一切勧誘して来ないので、とりあえず安心です。けれども、母は自らそのような事を言った訳ではなく、人から注意されたから言ったという感じでした。だから、また繰り返し同じような事が起きる気がしなくもないですね。

また、その翌週地元のプールに行こうとしたとき、偶然母が通っている宗教施設の前を通りました。すると、看板が出ていて、その日は宗教に入るための研修の日だったようです。

そして夕方帰宅すると母は露骨過ぎるほど、機嫌悪い度がMAX(苦笑)。

父に「何で機嫌悪いの?」と聞くと、

父「俺にも分からない。」
えいし「実は、今日研修の日だったんだよね。多分そのせいだと思う…。」
父「そっか。俺も(勧誘)されたよ。だけど、お前は何も悪い事していないんだから、いつも通りに堂々と振る舞っていればいいんだ。」

と言われました。やはり母の本心は、“何が何でも入って欲しい”という事に変わりはないんでしょうね。

ちなみに、その時の父は久しぶりにかっこ良かったです(笑)。
父に言うとややこしくなるからと黙っていたのですが、こういう大切な事はちゃんと伝えた方が良かったんだなと感じました。

と言う訳で、一件落着!ご心配おかけしてすみませんでした。そしてアドバイスありがとうございました☆

おっつー!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://aruiterueishi.blog94.fc2.com/tb.php/362-aef1e4c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。