上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えいし家でも、世間でよくある嫁姑問題があります。

先日、家に帰って来ると、

姉「私やっぱりお父さんと解り合えない…」

と言われました。

理由を聞いてみると、

まず、姉と俺がある日の晩御飯で祖母に違う湯のみでお茶を出してしまいました。

すると、祖母は

「私が間違えに気がつくかどうか試すために嫁がワザとやったんだわ。」

と誤解。

俺の心の声(うわっ…。面倒くせぇ…。)

それを父経由で知った母は、

「どうしてそんな意地悪な事言うんですか?そんな事する訳ないじゃないですか。」

と抗議。

すると祖母は「怒らないでよ!どーもすみませんでした!」

と逆ギレ。

姉と母は父に相談。

「『間違ってたわよ』と一言言えばいいだけなのに、どうしてあんなひねくれた風にとらえるのかしら。」

とする父は、

「婆ちゃんは悪くない!お前たちがもっと気をつかえ!」

と言い放ち母と姉の話を全く聞こうとしないため、喧嘩になってしまったそうです。しまいには、何故か姉と俺の部屋の散らかり具合に怒り始める、という非常に面倒くさい展開になったとの事。

せめて、祖母も湯のみを間違えた俺と姉に怒ればいいのに…。

いつもは(俺の主観では)8割は祖母が原因で、2割は母が原因なのですが、今回は話を聞いていると完全に祖母が原因なようです。どちらもプライドが高く、頑固で非常に性格が似ているからこそぶつかるのでしょうね。

板挟みである父は嘘でも良いからその場をなだめて落ち着かせれば良いのに、いつも火に油を注いでしまいます。

そしてしまいには聞こえないフリをして、(本人は良かれと思っているのかもしれませんが)突然テンションが高くなり、それが結果的に挑発になってしまい、更にピリピリした雰囲気に。

このように父は嫁姑問題ではいつも全く役に立たず、代わりに姉が仲を取り持つ事が多いのです。

俺は、

「面倒くさいから巻き込まれたくない」

が本音なのですが、

家族の問題なので自分さえ良ければイイと言う無い問題ではないのです。とは言え本人達の問題だから、自分にはどうする事も出来ない。

だからせめて姉のような、2人の緩和地帯になれる存在にならなくちゃと思います。

でもやはり面倒くさい…(-_-;)。

いつもは我慢している姉ですが、さすがにこの日は限界を超えたみたいです。

姉の口から(恐らく)はじめて「本気で早く家を出たい」と聞きました。そして「うちらが一緒に住めば現実的に家を出られるんじゃない?」と言う話になりました。

いいかもしれない♪

金銭的にも、安全面も、精神的にも、1人で暮らすよりメリットが大きいかもしれません。

実現させてやる☆


おっつー!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://aruiterueishi.blog94.fc2.com/tb.php/546-279f62be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。