上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、あるテレビ番組を観ていたらタイトルのような特集をやってました。

そこで取り上げられていたのは、今年1月に起きたハイチでの大地震。

人口1000万人の国で20万人もの死者が出た地震でしたが、その後中国でも地震が起こってからは全く報道されなくなってしまいました。

しかし、報道されなくなっても、災害は終わったわけではなく、むしろ復興の兆しは未だに立っていないのだそうです。
GetAttachmentう
戦争のあとのような街並みでした。

GetAttachment.jpg

999

ハイチは独立以来、独裁政権とクーデターを繰り返していた国であるため元々治安が悪いのです。そんな中で大地震が起きてしまったので、略奪や殺人が日常茶飯事になってしまっているんだそうです。

7

海外の支援団体が行う医療支援は、治安の悪化により昼間にしか出来ないのだそうです。

また、ハイチの中では大きな病院でさえ、治療をしてもらえず、病院に薬もないんだとか。

しかし、世界中から支援物資が届いているはず。。
ーー

番組スタッフが支援物資はどこに行ったかを追跡していると、ある倉庫のような場所に各国の言葉で書かれたたくさんの医薬品がありました。残念ながら、被災者に届かず高値で取引されているようです。


日本の自衛隊も復興支援をしているようです。過酷な環境でも隊員のみなさんは意外にも笑顔でした。隊員の方たちがカメラに向かって次々と見せたのが自分の子どもの写真。彼ら・彼女らが頑張り続けられるのはやはり家族の存在。

そして、

「なかなか会えない自分の子どもへの想いが、ハイチの子どもたちに重なる。」

というような事をおっしゃていました。

しかし、国連の一環で支援をしているため、決められた支援以外はしてはいけない事になっているので、そこは歯がゆい想いもあるんだそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界中の国家や企業があれだけ支援物資やお金を送っているのに、それを横流しする人はもちろん許せません。横流しをする人が何よりも悪いですが、ただ物資をハイチに送っただけで終わりにして、ちゃんと被災者に届けたかのかを確認しない国や企業にも責任はあると思います。

今回地震が起こった直後に、俺もわずかな額でしたがある支援団体に寄付をしました。その団体は実際に現地で支援を行っていて、支援物資を現地の方に渡している場面の写真が送られて来たので、ちゃんと現地の人に渡ったのだと信じています。

だから俺たちは、責任を持って被災者に支援をしているような団体を選んで寄付をしていくべきなのだと思います。

そして、もしかしたら、横流しした人よりも無関心な人が一番非難されるべきなのかもしれませんね。

俺もこの報道をみるまでは、しばらくハイチの大地震を忘れていたので人の事は言えませんが…。

1日も早く復興しますように。。

おっつー!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://aruiterueishi.blog94.fc2.com/tb.php/590-aa1ed19d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。