上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺が所属しているゼミの野口先生(仮名)は「天然×毒舌」なのです。毒舌っていうか、ためらいなく図星な事や悪気なく失礼な事を言えるんですよね。
 
でも、先生はほんわかして、みんなから愛されているので、そういう面も含めて魅力なんだと思います。
 
最近あった先生の言葉の数々をご紹介します☆
 
①最近ゼミを休みがちなキャップくんと廊下ですれ違ったとき
 
野口先生「キャップくん久しぶりね~。良かったわぁ。ゼミには来ないのに、学校にはちゃんと来てるのね♪
 
 
②後輩が「ゼミ長はいつも堂々としているのがすごい」と言っていた事を、先生がゼミ長に伝えるとき
 
野口先生「後輩達がゼミ長の事を誉めてたわ。他になんの取り柄もないけど、いつも堂々と自分の言いたい事を言うのがすごいって言ってたわよ。」
 
ゼミ長「…本当に言ってたならぶん殴りますけど。」
 
※もちろん、赤字の部分は言ってません。
 
 
③A先生との会話。以前、派手なギャル系の女子学生「エリカさん」が「父親は警察」と言ったら、野口先生が本人の前で大爆笑した件(詳しくは過去記事参照)についての話。
 
A先生「教師がそんな事言っちゃだめですよ!『お父さんは立派な人なんだね。だからあなたも立派な人になれるように頑張りなさい』って言うのが模範回答ですよ。」
 
野口先生「そうねぇ。でも、A先生の口からそんな言葉が出るなんて夢にも思わなかったわぁ。アハハハハハ!(笑)」
 
 
④宿敵「ジュンイチくん」と合宿(旅行に近い)についての会話
 
ジュンイチくん「どこ回ろうかなぁー」
 
先生「『○○記念館』なんてどうかしら?」
 
ジュンイチくん「そういのは興味ないし行きたくない」
 
とバッサリ。しかし、
 
先生「じゃあジュンイチくんが行きたくない場所だけ回りましょう☆
 
ジュンイチくん「…(先生に指を指して)あの人性格悪いね
 
先生「あら、性格悪いかしら?(笑)」
 
ジュンイチくん「あっ、聞こえてた?」
 
先生「悪口は聞こえるの♪
 
 
⑤宿敵「ジュンイチくん」と就職先についての会話
 
先生「ジュンイチくんの就職先は何の会社だったかしら?」
 
ジュンイチくん「この間言ったっしょ
 
先生「あら、そうだったかしら?私が話しているときに、コソコソ横で話してたんじゃなくて?(笑)」
 
ジュンイチくん「いや、あんたが聞いたんだって!(笑)
 
先生「あらやだ私恥ずかしいわぁ(笑)。もう認知症になっちゃったのかしら。
 
ジュンイチくん「そうかもね
 
先生「引退した方が良いわね~ハハハハハハ!(一人で大爆笑)。」
 
ジュンイチくん「…した方がいいねっ!(笑)
 
 
⑥小学校入学時に学校から頂いた、交通安全の下敷きを使っている俺に対して
 
野口先生「あら~。えいしくんにぴったしな下敷きね。」
 
えいし「それ誉めてないですよね?(^-^;)」
 
野口先生「誉めてないわね(笑)。でもその下敷きとってもいいじゃない!」
 
 
 
ってな感じです。「(笑)」が多いので分かると思いますが、100%本気で言っている訳ではなく、冗談も入っています。
 
また、先生が「天然×毒舌」で接するという事は、それだけ相手を気に入っている証拠。特に、先生とジュンイチくんは親子みたいでやり取りが楽しいです(笑)。
 
結論:「失礼な発言をする事があれほど魅力的な人はいない」
 
↑これも失礼ですね(笑)。
 
この話は、先生の魅力のほんの一部です。野口先生大好き☆
 
おっつー!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://aruiterueishi.blog94.fc2.com/tb.php/653-8897ee8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。