上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.24 BABY!I LOVE U☆
大好きです!

かわいいし♪

ピュアだし☆

みんなを和ます笑顔だし!

頬を近づけて「チューは?」と聞くと何も言わずに優しくキスをしてくれるし☆



誰の事かって?

それはもちろん、






いとこの赤ちゃんの事です。田舎に行ったときに会いました☆

1歳ちょっとなので2足歩行になり、単語や名前も徐々に覚え始めているそうです。

あまりにも可愛かったので写真を撮りまくり、田舎で撮った約300枚のうち8割はその赤ちゃんの写真でした。

田舎では、夜はみんなで座敷で並んで寝ました。夜中の2-3時頃、赤ちゃんが大声で泣き始めたのでいとこがあやしてるのを見て、やっぱり子育てって大変なんだろうなぁと実感。

ほんのちょっと目を離しただけでもいつの間にか危ないものを持っていたし、お店のガラス食器を壊しちゃったり、両親の気苦労も絶えないんでしょうね。食事ひとつでも、ちょっと出かけるだけでもそう思いました。

それを差し引いても、自分の子どもがいるって魅力的だなぁと今回感じました。

それでも、俺にとってはゲイとして生きる人生の方が何百倍も魅力的です。だから、今までもこれから先も異性と結婚して子どもをつくる選択肢は俺にはないと改めて感じました。

でもでもでも!家族みんなで支え合って子どもを育てるのは本当に素敵な事だと感じたので、もし姉に子どもが出来たらものすごく可愛がってあげようと思います♪

~赤ちゃんとえいし家~

①姉の場合
帰省前に「私は子ども好きじゃないの」と言っていたのですが、真っ先に抱っこして「可愛い♪可愛い♪」と連発。赤ちゃんからもとてもなつかれました。

②よしこ(母※仮名)の場合
夜中寝ていると、赤ちゃんが母の所にやってきて「パイパイー!」と泣き叫んだのそうです。よしこは「ごめんね。私はおっぱい出ないの。」と(通じるはずないのにw)言ってあきらめてもらったのだとか。

③父の場合
今まで一度も出した事がないような甘い声の赤ちゃん語で喋っていたので、俺はかなり引いてしまいました(^-^;)。ちなみに、名前を覚えてもらおうと頑張ったのですが、赤ちゃんの口から出た名前は「あんぱーん!」でした。

③えいしの場合
1日目に俺が抱っこすると泣いちゃったのですが、2日目には名前を覚えてくれました♪でも、他の人は「○○ちゃん!」と呼ぶのですが、俺だけ何故か「えーし!」と完全に呼び捨て(笑)。

しかも座敷でみんなで寝ていたら、誰かが俺の頭を蹴るんですよね。誰かと思ったら赤ちゃんでした(^-^;)。ものすごく寝相が悪くて、隣の隣の布団から人を乗り越えてやってきたようです。




去年帰省した時もそうだったのですが、赤ちゃんがいる状況でよしこが黙っているはずがないと俺は思ってました。予感は的中し、俺がテレビをみていると隣の部屋からよしこの声が。

よしこ「私は孫の顔見られる日が来るのかしらね。。」

えいし(始まった。。俺に聞こえるように言ってんの…?今年もおじさん答えづらいんだろうなぁ。)

おじさん「でも、俺も昔はそういう風に思ってたよ。」

えいし(ナイスフォロー!)

ちなみに姉も聞いていたようで「『私かわいそうオーラ』を出しながらああいう話するのは止めて欲しい。。」「きっと期待してたのに孫が出来ないとショックだから、期待しないように自分なりに予防線を張ってるのかもね。」と言っていました。

つまり、テスト前に「全然勉強してないから、俺きっと赤点だよ~」とみんなに言って事前にショックを和らげようとするのと同じですね☆

孫の顔を見たい親の気持ちを知っているからこそ、ゲイである俺はこういう場では非常に息苦しいです…。親の期待に応える事は出来ないので。。

でもまぁ悪い事をしている訳じゃないし、気にしてもしょうがないので、あまり無駄な期待はさせないように接したいなと思います。

それにしてもいとこの赤ちゃんは本当にみんなから愛されていました。全ての赤ちゃんがあんな風に愛される日がいつか来ればいいなぁと心から願わずにいられない今日この頃です。

まとまりないですが、おっつー☆
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://aruiterueishi.blog94.fc2.com/tb.php/675-de60a2de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。