2010.10.02 デビュー計画
先日、研究室にてサークルの仲良しメンバー3人(男子2人、女子1人)と俺の計4人でお喋りをしていました。意外にも、この全員揃うのは約1年ぶり!

久しぶりの再会(それぞれ2人、3人ではちょくちょく会っていた)、そして全員内定を得られていない事で妙な一体感があり、盛り上がりました。

ところで、俺が女性グループの「MAX」を好きという事はご存知かと思いますが、この日も皆に「またMAX~?」と言われるまで曲を流していました。

えいし「MAXってかっこいいよね~。MAXみたいに歌って踊れる人になりたいなー。そうだ!就職決まらなかったら、みんなでMAXみたいなグループ作ってデビューしよう!」

と言ったら意外にも食いついてくれたので、みんなで色々と計画・想像しました。

グループ名は内緒です!(安直なので 苦笑)

メンバー
・Aさん(女 メインボーカル)
→MAXで言うとミーナ

・Bくん(男 メインボーカル、ラップ)
→MAXで言うとレイナ

・Cくん(男 コーラス、バックダンサー、リーダー)
→MAXで言うとナナさん

・えいし(男 コーラス、バックダンサー)
→MAXで言うとリナ

~1年目~

男3人、女1人のボーカル&ダンスグループとしてデビュー。
男だけのグループだと、ジャ○ーズ事務所に敵対される恐れがあったのでAさんにも入ってもらいました。

また本来ならばAさんだけをメインにした方がバランスが良いのですが、Aさんが体調不良の際にも歌唱が成り立つようにBくんにもメインボーカルになってもらいました。

「MAXの弟分&妹分」としてMAXのカバー曲でデビューします。

これは、MAXが初期にユーロビートのカバーを連続してリリースしていたので、それを彷彿させています。

最初はあまり売れず、MAXのライブの前座やショッピングモールのイベントなどで下積み。

そして、その後カバー曲ブームの波に乗り徐々にヒットし始めます。

この年はヒットを出した新人が少なかったので、本来ならばレコード大賞に出られたのですが、ほかの事務所の圧力により出られず、みんなは涙します。

~2年目~

人気を高めるため、ソロ活動を開始。グループ活動と平行して行います。

Aさん→演歌デビュー(50.60代のファン獲得の為)
Bくん→バラエティー番組進出(お茶の間の認知度アップの為)
Cくん→経済番組レギュラー、俳優活動(知的なイメージを得る為、ドラマや映画のタイアップを得る為)
えいし→教育テレビのレギュラー(キッズ層獲得の為)

それらの戦略が当たり、その後は右肩上がりで人気が上昇!

そしてついにシングルでオリコン1位を獲得、アルバムはミリオンヒット☆

この年は、去年圧力をかけた事務所も世間の声に勝てず、ついにレコード大賞に出場し、大賞を獲得!

紅白歌合戦にも特別枠(紅組か白組かで迷った為)で初登場、しかもデビュー2年目にして異例の大トリ!

~3年目~

人気絶頂だったのですが、ソロ活動が順調に成りすぎた為、グループとしてのメンバーの気持ちが揃わなくなりました。

そして、ファンの大反発を受けながらもグループは無期限活動休止へ。

最後のコンサートは東京ドームで行います。

※ファンクラブ向けのラストコンサートだけは東京国際フォーラムで開催

そしてAさんは演歌歌手として、Bくんは舞台俳優として、Cくんと俺は事務所の後輩と新しいユニットを組み再デビューします。

~4年目~

グループの人気の延長で、当初のソロ活動は順調だったのですが、徐々に勢いがなくなります。

それぞれ壁にぶち当たり、再び下積み時代へ。。

~活動休止から5年後~

ソロ活動が上手くいかずに悩んでいるとき、恵比寿で偶然4人が出会い、意気投合!

グループは再び活動を再開し、久しぶりのコンサートのチケットは即完売、復帰第一弾シングルも5年のブランクがあるにも関わらず第1位☆

「これからはずっとこの4人で頑張ります!」と宣言をしました。

がしかし、その翌年メンバーのBくんが作詞したラップ詞に盗作が発覚したため、グループは半年間の活動休止…。

Bくんは謹慎期間を過ぎても復帰をせず「方向性の違い」を理由に脱退。

グループは3人で再スタートをします。イメージダウンにより一時期の勢いは無くなってしまいます。

という所で時間が来てしまいました。

つづく(わけがない)!

※帰宅して、姉にこのプランを教えたら、

「あんた達、そんな話してる暇あったら就活しなさい!」

と言われました(笑)。

もちろん、就活の情報交換などもちゃんとしたのでご安心ください☆

どうでもいい内容でごめんなさい…。

おっつー!
関連記事
Secret