上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.29 no title
「助かって良かったと簡単に口にしていいのかと思うときもある」(南三陸町で被災した方の発言)

それに対して、

「助かって良かった、と思える社会にしていきたい」(コメンテーターの方の発言)


「内定者を採用することも支援のひとつ。そうしないと、復興することは出来ない。」(地震後、内定取消者が増えた事に対してコメンテーターの発言)


「原発に殺された」(摂取制限を受けた福島の農家の男性が自殺、その方の遺族の発言)


「貧しい我が町の住民から集められるお金は、日本の人から見ると、わずかかもしれない。でも、私たちを救ってくれた人たちをなんとか助けたい」(2006年に大規模な地滑りで1000人が犠牲になったフィリピン中部の町の町長の発言。仮設住宅を建て、復興を担ったのが日本政府の援助だった事から「恩返し」の募金活動をはじめた)


「上を向いて歩きたいけど、上を見ても闇の中の星すら見えない」(南三陸町で被災した方の発言)


「被災者の方に『頑張って』なんて言えません。頑張らなきゃいけないのは、被害を受けなかった私たちです」(ある小説家さんの発言)
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。