2012.03.11 3・11
東日本大震災から今日でちょうど一年。
今日は友達とデパートにいたときに14:46になり、そこで店員さんやほかのお客さんたちと一緒に黙祷をしました。

家に帰ってからはテレビで震災特集をみました。

色んな方たちの想いが映されていて。

自分以外の家族が未だに行方不明のままでDNA検査でも見つからなかったという方のお話、

防災センターに避難した多くの人が犠牲になったけれどそもそも防災センターは津波の避難場所ではなかったのにそこで避難訓練を行っていたという行政のお話、

孤立してプールの水を飲んでいた島に米軍がたくさんの食糧を届けてくれてがれきを撤去して港を整備してくれたお話、

奥さんの遺体が200km離れた海で見つかり「どんな形でも戻ってきてくれた」と話す旦那さんのお話、

旦那さんが亡くなり「こんなに大切なひとだったと死んでから気が付いた」と話す奥さんのお話、

震災後、本来の場所で出来なくなった朝市が3・11の今日1年ぶりに開催し、なみだを流しながら「嬉しい」と語っていた漁業の方のお話、

家が流されて作文に「たくさん泣いて泣いて涙が出なくなるまで泣いた」と書いた男の子のお話、



どの方たちも、1年と1日前までは自分と同じように何気ない繰り返しの日常を過ごしていらっしゃったんだよなあと思うと・・・あの地震と津波があまりにもたくさんの大切なものを奪ってしまったのだと強く感じさせられます。



それぞれ出来ることは違うとは思いますが、募金や寄付などの支援、節電、放射能や原発に対する正しい知識を持つこと、自分や自分の身の回りの人を守れるような防災対策をすること、今の自分たちに出来ることを行っていきたいです。

一日も早く一人でも多くの方が以前のような暮らしや笑顔を取り戻せる日が訪れますように。そんな日が必ず来ると信じています。

おっつー。
関連記事
Secret