上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.14 no title
昨日は職場の飲み。

キツイ…。

酔うと激しいダメ出しをする専務が一緒だったから。

酔っ払って呂律が回ってないから何を言ってるか全然分からない。自分への批判だっていうのは分かるけど。俺がまだまだ未熟なのは事実だし、頷くしかない。けれども向こうはそれが気に入らないようで…。

「黙ってないで反論しろ!」

と。そう言われてもなぁ。。その前にちゃんと喋ってください。と思ったらいきなり握手されたりよく分からない。

理由もよく分からずにずっと自分への批判を聞いていなきゃいけないのはエネルギーを使う。

あと、俺の外見的なコンプレックスをその場にいた全員にからかわれてさすがに泣くかもしれないと思った。飲みの席だから向こうは冗談で言ったんだろうし、俺が職場ではいじりやすいキャラにされているので仕方がないけれど…。

傷つくことを言われても、笑ったり、頷いたりする事しか出来ない自分がイヤだ。

何を言われても平気な顔をしている人って強いなぁ憧れるって思うけれど、そういう人も心の中では傷ついているのかもしれないんだなぁとしみじみ。

同じ課の上司が、「専務が言ったことは気にしなくて良いよ」って言ってくれた。俺はアウェーな立場だからそれだけが救い。その上司にも酔っ払ってからかわれてたけど(苦笑)。

こういうときやっぱり同期がいる職場がうらやましい。

こんなときの頼みの綱も役に立たない。

結局、頼れるのは自分だけなのかと思ってしまう。

もっと頑張らなければ潰れてしまうと感じた4時間でした。

次は絶対飲み断ろう…。

おっつー。
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。