本日発売。

益田ミリさんの新作コミックエッセイ。

発売日に本屋で本を買うなんて何年ぶりだろう!仕事終わったら本屋さんへダッシュして買いに行きましたw

~~

本の紹介(帯より)↓

「こんなはずじゃなかった、でもなく

こんなもんだろう、でもないオレの人生。

誰かよりマシだから幸せ

そういう生き方は違うんだよな」


主人公のプロフィール


土田新二

32歳独身

ニックネーム:土田

書店員歴:10年

彼女いない歴:6年

影:薄いほう

結婚願望:けっこう、ある

“いい人”とよく言われる

~~



ミリさんの作品は女性が主人公のことがほとんどですが、今回は珍しく男性が主人公。とある書店員さんと、その周りの人たちやお客さんたちの何気ない日常のお話。

なので男性目線ではあるんですが、夜になってふと自分の人生やこの先の未来のことを考えたり、思い悩んだり、そういう気持ちは誰もがあることなので、男女問わずに共感することが多い内容だと思います。

主人公の、土田さんがね~ほんといいひとなんですよ。優しく真面目で仕事熱心なんだけど、ちょっと不器用な所があったり。ときには思い悩むこともあるけど、でも毎日頑張っている―もしも職場で土田さんのような男性がいたらいつの間にか好きになっちゃいそうです(笑)。

あと、ミリさんの作品には、以前発売した本の登場人物が、新刊にちょこっとだけ登場することがあります。

今回もそれがあったので、すごく嬉しかったんですよねー!

一冊で完結した本の登場人物って、その後どうなったのか気になりませんか?

そしたら、新刊を読んでたら、ヒョコッと出てきて!

「あぁ久しぶり!元気にしてたんだ!頑張っているんだ!」

みたいなww

ほんの一瞬でも会えたことに、今回も嬉しい気持ちになりました。

あと、ネタバレになるのであまり書けませんが、ちょっとしたサプライズなことがいくつかあったので、ミリさんの作品がお好きな方はぜひ読んでみて下さいー!

俺は「無人島に持っていきたい本」、この本です。また、主人公が書店員で色んな本が出てくるので、本が好きな方にもオススメです☆俺もいくつか無性に読んでみたい本がありましたっ。

おっつー!
関連記事
Secret