上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の夏も母の実家へいきました。

ばあちゃんに会うのが一番の目的。3ヶ月ぶりに会うばあちゃんは、薬の副作用が見受けられたものの、思ったより元気で安心。

お盆ということもあり、一時帰宅も出来、ご飯をたくさん食べたり、久しぶりにご近所のお友達とおしゃべりしたり、すごく楽しそうでしたっ。

術後は良好のようで、本人も帰り際に「次来るときには完全に退院して野菜たくさん作って待ってるからなぁ」と言ってました。

ばあちゃんの作った野菜をたくさん食べるのを楽しみにしたいと思います(^^)

~~

じいちゃんが亡くなってから初めてのお盆。

みんな久しぶりに集まって、色んな思い出話で盛り上がり、うちの家族もとても歓迎され、じいちゃんがいない寂しさを埋めてくれるかのように元気に成長したおチビちゃん達がいるだけでみんなが笑顔になったり、今までと一見変わらない夏。

ですが、じいちゃんがいたからこそ、上手く回っていたんだと感じることもあったのです。

じいちゃんがいない、ばあちゃんが病気になった、それらのことによって、それぞれの考え方や行動の違いが時には戸惑いを誰かに与えてしまうこともあるのだなぁと。

「良くなって欲しい」

その気持ちはみんな同じなのに。

仲が悪い訳では全然ないんでしょうけれど、しがらみやプライドが邪魔をしてときにこんがらがっているようにも見える。

単細胞の俺は、みんなもっと素直になればいいのに、と単純に思ってしまいますが、世の中そんな簡単にいくことばかりじゃないんだよなぁと改めて実感。

でもそんなことは気がつかないフリをして考えないようにして、子どもの頃のようにはしゃいで過ごしたのでしたとさ。

~~

いつかは自分も同じような状況になるかもしれない。

そんなとき、姉ちゃんとは素直な気持ちで協力しあえたらいいな。たったひとりのきょうだいだから。これからも今のようにずっと仲良く過ごしていきたいです。

おっつー!
関連記事
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。